新型インフルエンザ:現実に物事を捉える

cocorotkn 2009年5月19日 by cocorotkn

新型インフルエンザで大変です。

エサレン研修まであと2週間を切ってしまったのに、

国内感染者が出てしまい、やきもきです。

しかしながら、

肝心のアメリカの方は、そんなにシビアに受け止めていないようで、

マスクをしているのは日本人ばかりのようで、

旅行をキャンセルしているのも、日本人ばかりのようです。

国内感染が広がり始めたら、

日本に居てもアメリカに居ても、感染確率は一緒のようですね!

念のために、昨日「マスク」を買いに行くと、

案の定すべての店で売り切れ状態ですし、

次の入荷は予定が立っていないとの事。

困りました。

私は以前にも書き込みましたように、

のどを痛めていますのでマスクは必需品です。

特に乾燥している機内では、無ければ困ります。
出発までに手に入るのか、少し心配しています。

 

しかしながら、メディアに振り回され過ぎていませんか?

確かに、「新型インフルエンザ・ウィルス」が手に付着していれば、

手洗いもしっかりする事は必要です。

また、ウィルスが目の前を浮遊しているのならば、「N95マスク」が必要です。

でも、ごく普通の日常生活の中で、ウィルスは存在しているのでしょうか?

目に見えないウィルスの存在に対して、過敏に反応していないでしょうか?

 

ゲシュタルト療法の中に

「想像をするな、現実的に物事を捉えよ」と、言うものがあります。

今あなたのそばに「ウィルス」がいますか?

 

人ごみの中に入るならば、予防処置も必要ですが、

必要以上にマスクや消毒液を買いだめたり、

レトルト食品やカップ麺を買い込んだり、

まるでオイルショックの時のように

「トイレットペーパーの買いだめ」状態になっていませんか?

本当に今必要な人たちがマスクなどが手に入らず、

どこかの家や企業や公共機関に、大量に蓄えているのはどんなものでしょう?

もっと現実に捉える事が出来れば、

当面必要な量を求め、

多くの人が手に入るようになり、

品不足から起こる不安、

恐怖も怒らなくて済むのではないでしょうか?

 

 

メディアの情報にあおられて、振り回されないようにしましょう。

トイレットぺーパー騒ぎの時のように

「ハワイの土産」がトイレットペーパーになる様な事がないように!

コメントは受け付けていません。