TKN心理サロンブログ:とうとのひとりごと「着ぐるみ:日テレアナ内定取り消し」

yokoitomizou 2014年12月2日 by yokoitomizou

皆さんは、「着ぐるみ」を着ていませんか?

それも何着も!

そして、その「着ぐるみ」を「私自身なんだ」と思い込んでいませんか?

昨今TVワイドショーを賑わせています、「日テレアナ内定取り消し」問題も面白い事を提起してくれています。

大学時代にアルバイトで「クラブのホステス」をしていた事が分かり、内定を取り消されました。

クラブでホステスをしていた事を隠していた。

アナウンサーは「清廉」でなければならない。事が理由だそうですね。(他にも有るのでしょうが?)

学生時代にアルバイトでホステスをすれば「清廉で無い」事になるのでしょうか?

ホステスは、汚れているのでしょうか?

まぁ、この辺りは、ワードショーに任せて、

その仕事、役割ををすれば、もうそれ自身に染まってしまって、それ以外のものでなくなるのでしょうか?

作家が、ホステスの事を題材にする為に、体験したらもう「ホステス」として決めつけられるのでしょうか?

OLで働けば、「OL」と決め付けられるのでしょうか?

教師をすれば、「教師」と決め付けられるのでしょうか?

世の中は、「烙印」を押しますね。

それ以外の事を、する事はダメな事なのでしょうか?

しかしながら、私達は日常生活の中で「着ぐるみ」着て、そのもの自身に成りきっています。

特に、相手に対して「良い人:嫌われない人」になるための「着ぐるみ」しっかりと着ています。

それも、違和感を感じることなく、成りきっています。

確かに「着ぐるみ」は必要です。

世間を生きて行くために!

対人関係をうまく渡っていくために。

その時々の役割に合わした、「着ぐるみ」」を着る必要が有ります。

でも、その役割が終わればその「着ぐるみ」を脱ぎ、自分自身に戻るべきです。

そのためには「自分自身」をしっかりと持つ事です。

カウンセラーは、「着ぐるみの人」を見ている訳ではありません。

「着ぐるみ」の中の「本当のその人」を見ています。

そこに隠された「心の叫び」を聴きます。

公正中立な目で「肯定も否定もせず。ありのままのその人」を受け入れます。

以前、こんな話が有りました。

風俗(違法行為の)で働いている女性が

「私は風俗で働いて、いろんな男性と行為をして稼いでいます。

そして、その稼いだお金で、ホストを買います。

欲しいものを買います。

旅行に行ったり、美味しいものを食べます。

十分に遊んで満足したら、

田舎へ帰って、お見合いをして、結婚をして、家庭を創ります。

都会での生活は、田舎の人達は誰も知りません。

私が喋らない限り、誰にもばれません。

良き妻、良き嫁、良き母親に徹します。」

したたかです。でも、見事に「着ぐるみ」を使い分けています。

ここまで極端にする必要は有りませんが、「着ぐるみ」ををうまく使い分けませんか?

「ふなっしー」も上手く、「着ぐるみ」を着ていますよね。

IMG_0204

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

コメントは受け付けていません。