心理カウンセラースタッフ日記:インフルエンザ予防接種の副作用

yokoikumi 2014年12月4日 by yokoikumi

先週の水曜日にインフルエンザの予防接種を受けた。毎年少し腕がだる痛くなる程度でそんなにひどい事はなかった。子供達は、腕が異常に痛くなると、毎年受けるのに消極的だが。

今年もちょっと痛いなー程度のものだったのが、火曜日突然腕が上がらなくなり、タオルを絞る事も、服を着る事も、安易ではなくなった。
寝るときも腕がうずいて大変だった。
2日めもその様な状態だったので
ネットで調べてみると、予防接種の副作用で2、3ヶ月もその様な状態になる事もあるらしい。そして、40代以上の人に多いらしい。
一応受けた病院に電話すると、「1週間もたって痛くなるのは予防接種が原因ではない。整形外科に行きなさい。」と言われてしまう。
結局、整形外科で先生に腕をつかまれるなり、「ああ、50肩ですね。」

(((((((・・;)ガーン

傷み止めを貰って帰りました(/o\)

~カウンセリング、心理学を学ぶなら
TKN心理サロンへ~

コメントは受け付けていません。