蓮池 薫さんの素敵文

cocorotkn 2009年12月27日 by cocorotkn

学校への行き帰りでよく本を読むのですが、

心理学の本ばかりではなく時には

話題の本や、

まったくジャンルの違った本を読む事があります。

「1Q84」とか「ハリーポッター」とかも読みますよ。

 

つい最近は、蓮池薫さんの「半島へ、ふたたび」を読みました。

拉致被害者である蓮池さんが、

ふたたび半島へ渡った(韓国側です)時に感じた、

いろいろな思いを書いた本です。

内容はソフトに表現されていますが、

時折拉致された思いが書き込まれています。

拉致された思い、

また、帰国が出来ない悲しさ、

そこで生きていかなければならない思いを、

静かに描かれていました。

 

この本の中の最後の部分で、

蓮池さんが講演で中学や高校へ行かれた時、

みんなに伝える事があるそうです。

 

「100%の自信がうまれるまで待っていたら、チャレンジなんてできない。

というより、

100%の確率なら、

それはすでにチャレンジではない。

最初は50%でいい。

まずは始めてみよう、

後はやりながら学んでいけばいい。

必要にかられた学習、

実践の中での学習こそ、

何倍も身に付く。

失敗したら、

失敗を通してしか、学べないものを学びとればいい。」

 

この文章を、女房に伝えると次の言葉が返ってきました。

 「ええ言葉やなー

  子供の時に、親からこの言葉を貰っていたら、

  あたしの人生変わっていたかもしれへんなー。」
 

 

その通りだと私も思いました。
 

この蓮池さんの言葉を、

みんなに伝えようと思います。

「自分らしく幸せに生きたいならば、

 自分自身が変わることが大切です。

 相手が変わることは無いからです。

 自分自身が変わるのは、とても怖いことです。勇気がいる事です。

 時には失敗もあるでしょ!

 しかし、その失敗から得る事のできる、素晴らしい経験を大切にして欲しい。

 成功から学ぶことよりも、失敗から学ぶこ事がどれ程、貴重な体験か!

 絶対の正解などありません。

 もし正解があるのならば、それは他人が出した答えです。

 自分自身の答えではありません。

 失敗を恐れずに、先ず一歩前に進みましょ」

 

 人生の成長、そのものです。

コメントは受け付けていません。