寂しいお知らせです。

cocorotkn 2010年1月16日 by cocorotkn

とても残念で、寂しいお知らせになりました。

TKN心理サロンを開設して15年目に入りました。

東大阪「近鉄布施」駅前の二階建てのスナックビルの二階の奥で産声を上げ、

11年間学校を続けてきて、今は難波の地で頑張っています。

そして、難波本校と布施校の二か所で「TKN心理サロン」を盛りたててきましたが、

布施校を今月25日で閉める事になりました。

 

布施校は、卒業生である「西川室長」が独立して経営していましたが、

今回家庭の事情で、

どうしても続けていくことが出来なくなり、

やむなく「布施校」を閉めることになりました。

室長が頑張り3年間、カウンセリング、講座、カウンセラー養成、を行い、

ようやく生徒が育ってきたところでの、閉鎖ですので残念な状況です。

 

私にとっても、思い入れが大きい場所です。
 

何も無いところからスタートして、

15年前でしたらカウンセリングという事自身が、世の中に認知されていない状況でした。
 

「紆余曲折」いろんな失敗もあり、挫折、「もうこれ以上無理かな」と思いながらも

歯を食い縛り「必ず花が咲く。必要とされる!」信じて、

いつか花咲くという思いから「一粒一粒、種を捲き」
 

一年が過ぎたころ、ようやく「芽」が生え出した頃を、

今でもしっかり覚えています。
 
 

 

あの時の喜びは今でも忘れることはできません。
 

その喜びも、悲しみ、も苦しみも、一杯詰まっている「布施校」を失うことは

とても悲しく、寂しく、辛く、そして「残念」な事です。
  

 

そして「悔しい」です。
 

しかしながら、いつまでも「感傷」に浸っている暇はありません。
 

これからは、「難波本校」にすべての力を注ぎ、

「布施校」の分まで盛りたてて行きます。
 

 

「布施校の生徒及び卒業生」は、

「TKN心理サロンの生徒、卒業生」ですので、

すべて「本校」のほうで受け継がれます。

これからも、講座、セミナー、ワークショップ、エサレン研修などをいつでも受けれますし、

カウンセリング等も同じ事ですので、いつでも来てください。
 

 

「TKN心理サロン・布施校」
   本当にありがとございます。

    
    「布施校」があるので、今があります。
      とても感謝をしています。
       一生、忘れる事ありません!

 
        これからも「TKN心理サロン」を見守ってください。
    
           ありがとうございました!

コメントは受け付けていません。