困った事です:カウンセラーの倫理規定

cocorotkn 2006年5月15日 by cocorotkn

カウンセラーが医者の如く、

クライアントに薬を処方して逮捕された事件が報道されました。

臨床心理士の資格も無いのに、カウンセリングをして薬を処方したと、報道ではなされていました。

(臨床心理士だけがカウンセラーだと言っているようでした。)

注:臨床心理士も医師ではありませんので、医療行為は出来ません。

 

カウンセラーは、医者では有りません。

決して薬は処方しません。

してはいけないのです。

又、薬を必要とするクライエントは専門の医者のほうに任して、関わるべきではないのです。

 

カウンセラーは「クライアントが、自分の力で立ち直り、自分の足で歩いていく」そのお手伝いをするのが、基本スタンスなのです。

 

又、この事で折角カウンセリングを受けて、自分の足で歩いていこうと思った人までが、怖がってしまいます。

折角沸いてきた勇気を、しぼむまさせてしまう事にもなりかねません。

 

とても、困った問題です。

コメントは受け付けていません。