盗電:自己中

cocorotkn 2010年3月9日 by cocorotkn

日曜日に学校からの帰宅時に、

「近鉄:大阪難波駅」のホームで

「盗電」の現場を初めて見ました。

 

ニュース等で話は聞いていましたが、現実に見るとは思っていませんでした。

それも、駅のホームで堂々と!

ホームに座り込んで、

盗電しながら携帯を操作していました。

あまりにも堂々としているので、みんな気が付かないようでした。

 

今、流行の「鉄男」風の大の大人でした。

当の本人は何も気にならないのでしょうか?

自分が行っている行為が「違反:犯罪行為」で在り、

他の人に迷惑をかけているという事を!

自分さえ良ければ、何をしても良いのでしょうか?

あまりにも「自己中」になり過ぎて居ないかな?と思います。

 

携帯のバッテリーが無くなっても、

今ではコンビニでも駅の売店で、

「簡易のバッテリー」が売っています、

困る事は無いとは思うのですが?

 

充電コードを持ち歩いているので、

あちこちで行って居るのでしょうね?

本人にとっては、「問題ない」行為なのでしょうね。

 

これも、神経症の特徴「自己中」が顔を出しています。

物事を自分中心に考え、周りの事は気にしない。

これでは対人関係を本人が気付かない間に、壊してしまいます。

 

本当に身近な所に「神経症予備軍」が一杯居るようですね!

 

その朝の電車の中で、先頭車両に乗っていたのですが

運転席から運転士とその指導員の声が、

車内に大きな声で聞こえてきました。

 

指導員:「今の所を、見て確認をしていたか?操作が遅れて行われている!」
 

運転士:「あっ、確かに見ていませんでした。良くない事です!」
 

 

このような会話が終着駅に着くまで続いていました。

安全運転の指導をするのは良いのですが、

乗客に聴こえるような大きな声で話すのは如何なものか?

また、そのミスを受け答えする運転士も如何なものか?
 

乗っているこちらとすれば、

「この電車の運転は大丈夫?」を言う不安が湧いてきます。

指導も大切ですが、

乗客の乗っていない処で、指導と練習をして貰えないものでしょうかね?

ここにも「自己中」が顔を出しています。

 

これも、「盗電男」と「五十歩百歩」のような気がします。

コメントは受け付けていません。