鏡の如し

cocorotkn 2006年5月15日 by cocorotkn

講座中や講座の前後には、生徒さん達と色々話をします。

講座の内容について分からない事など話し合うのですが、

どうしても自分の事に関わりあることに内容が変わってきます。

その生徒さんの事に置き換えて、生徒さん自身が気づいてもらえるように、返していきます。

 

ところが、当然自分の事で話しているのに、

その内容が理解できないようで「キョトン」としています。

時には「分からない」

 

でも、一緒に話を聞いている他の生徒さんが「よく分かる」と、うなずいています。

どうも自分の事と成るとどうしても「心の扉」を閉ざしてしまうようです。

でも自分の事と思ってなかったら、素直に聞けて、すっと心に入ってきます。

 

人は、自分自身のことはあまり気づけないのですが、他人を「鏡」として、自分の事を見る事が出来ます。

相手の人に嫌な思いや怒りが湧いてくるのは、

自分の認めたくない事を、

鏡として見てしまい感情が出てきます。

相手に対して感情が沸いてきたときこそ、自分を見つめる大きなチャンスです。

 

「鏡の如く相手を見る」この事を大切にしてください。
 

コメントは受け付けていません。