メビウスの輪

cocorotkn 2006年5月15日 by cocorotkn

人間ってなかなか懲りないものですね。

 

同じ事を繰り返し悩んでいます。

でも 本人は違う事をしたと思っているんですけど、

又同じところに戻ってきている。

何回も何回も同じ道を歩き続けています。

 

「メビウスの輪」と同じです。

輪がねじれてつながっているためにスタートしても、

ぐるっと回って又おんなじ所に戻ってきます。

(一枚の長い紙を、ねじって端し同士をくっつけた状態です。)

 

気づいていてるようで、気づいていない(また、気づかないようにしている)。

その為に何回も同じ事を繰り返しています。

 

この罠はなかなか難しく、大変です。

生育歴の中に組み込まれた回路ですから、厄介です。

ごく自然な事のように行動できるようになっていますから。

 

でも、決して恐れる必要はありません。

一度勇気を持って「メビウスの輪」 から一歩外れてみてください。

ねじれに気づきます。

「輪」の一部を切ると「メビウスの輪」は、

ねじれが取れて一本の真直ぐな「道」になります。

 

元々は真直ぐな道でした。それを親からの外圧(期待に答える)で、捻じ曲げてしまっただけです。

そしてその道を堂々と歩いていってください。

 

決して「ハツカネズミの滑車」の様にならないように。

コメントは受け付けていません。