タイミングを計る

cocorotkn 2010年7月6日 by cocorotkn

「タイミング」は難しいモノです。
 

 

良かれと思ったタイミングが、

早すぎたり、

遅すぎたり、

丁度良いタイミングを見極めるのは、

本当に難しいモノです。
 

 

今回の私の手術にもありました。
 

健康診断:PET検診では病巣が見つからなかったのに、

「腫瘍マーカー」で引っかかった

「SCC」の値が「3.3」だった事により見つかったタイミングです。

病巣が10ミリ以下はPETでは発見できなかったのに、

血液検査で見つかりました。

 

しかし、

手術前に受けた血液検査では

「SCC」が「0.5」の値しか示しませんでした。

 

もし、手術前のデータが、

検診の時に出ていれば「問題なし」となり、

「健康体」扱いされていたハズです。

この検査値が逆のままで、

気づかに放置していれば私の

「病巣」はどうなっていた事でしょう?

 

入院時、同室に私の同じ病気の方が居られました。

 

その方は、

一年前に約10ミリ「病巣」が見つかり、

一年間経過処置で、様子を観ていました。

その結果、

倍の大きさに広がり、

肺を5割切除をする手術を受けていました。
 

 

私も、検査で腫瘍マーカーがデータを示さなければ、

一年後の人間ドックで見つかって居たら

どうなっていた事でしょう?

 

その時には、10ミリを超えているのでPET検診で引っかかり、

5割切除の手術を受けていた事になっていました。

 

本当に、タイミングというのはあるのだと、

特に今回は思いました。

 

色々な時にタイミングが訪れます。

早いのか?

遅いのか?

その選択が!
 

決断は難しいモノです。

でも、

自分の選択を信じて、

後悔しない選択を下せるように、

常に自己責任を意識している事は、

大切と思います。
 

 

自分の決めた事は自信を持って行う!

決して人の意見に流されずに自分で決める!

人の意見を聴く事も問題はありません。

ただ、

決めるときは自分で決める!

他人の責任転換しないためにも!
 

しかし、

人にタイミングを計るように奨める事は、

 

難しいモノです。

コメントは受け付けていません。