巣立ちの時:親離れ

cocorotkn 2010年7月8日 by cocorotkn

7月に入り、早いものでもう一週間が経ちました。

4・5・6月とあまりにも速いスピードで過ぎ去ったので、

この7月は落ち着いて進めばなぁ~と

思っていますが、果たして如何に!
 

 

我が家の「ツバメ」達の巣立ちの時が来ました。

いつもの年ならば、

3羽が産まれ、同時に巣離れをするのですが、

今年は、5羽のヒナが孵り、

残念ながら一羽は巣から落ちて死にましたが、

残りの4羽は無事育ちました。

うち一羽は巣から落ちましたが、

女房が必死の思いで巣に戻しましたので、

無事この時を迎えました!やったー

 

今年は4羽のせいか、

一羽ずつ巣だって行っています。

朝、4羽だと思っていたら

夕方には3羽になっていました。そ

して、また一羽と巣だって行っています。

一週間もしないうちに、総てが巣立つ事でしょう!

少し淋しいような、

嬉しいような、

複雑な気持ちです。
 

 

以前にも書きましたが、

ツバメは一度巣立つと、

二度と巣には戻ってきません。

親子関係も終わります。

 

親離れをして、

自立し、

そしてパートナーを見つけ、

巣作りをします。

 

自然界の生物は皆同じです。

 

親の世話により産まれ、

育ち、

成長して大人になると、親離れをして、

「親子関係」が終了します。

後は他人です。

 

人間はそうはいきませんがね!

 

私の娘たちは上手く親離れをしてくれるのでしょうか?
 

 

今週末は、

高校受験の上の娘と話し合いをしなければなりません。

昨年の繰り返しはしたくありません。

今年は、娘の気持ちを汲み、

娘自身が良い選択が出来るように、

上手く関わる事が出来るだろうか?

 

親の思い込みで、

意見を押し付けないだろうか?

 

期待と、不安と、葛藤しています。

少しずつ、

「子離れ」「親離れ」が

進む事を願っています。

 

「親バカ」ですので、上手くいきますかね!
 

 

ツバメが巣立てば、「夏本番」です。
 

コメントは受け付けていません。