殻を破る:変わる怖さ!

cocorotkn 2010年8月6日 by cocorotkn

「殻を破る」

講座・セミナー・ワークショップの中で言います。
 

 

古い「しがらみ」を断ち切り、

新しい自分を見つけよう!
 

そのためには、

昔から着ている「鎧」を打ち破れ!
 

鎧がある限り、

新しい本当の「自分らしさ」は産まれない!
 

過去のしがらみから解放されよう!と、

 

まるで「お題目」の様に!
 

 

しかしながら、

よく「怖い」と言われます。
 
 

鎧を壊したら、

そこから何が出てくるのか分からないから怖い!
 

鎧を壊したら、

自分が無くなる!
 

鎧を壊したら、

私は誰なのか分からなくなる! 等
 

 

みんな、すごく怖がります。
 

 

何も心配はありません。

いくら壊そうが、「私」に変わりはありません。
 

 

だって、それが「私」だからです。

傷つきたくない、

嫌われたくない、

愛されたい、という思いが

「鎧」を付けさしました。

「鎧」を着けないと壊れてしまうからです。

 

本当の自分を「鎧」の中に閉じ込め、

自分を殺すことにより

自分を守って来たのです。

人に合わせる事により!

 

ですから、

鎧を壊しても「私」しか出てきません。

但し、魑魅魍魎を飼っていたら知りませんよ!

何が出て来ても

それは総て「私」なのです。

そしてその「鎧」も私なのです。

今まで歩んできた人生なのです。

肯定も否定も要りません。

そのまんまの「私」なのです。
 

 

「毛虫」が「蝶々」になる時も同じです。

人から嫌われる「毛虫」もやがて

「さなぎ」になり、

さなぎの中で一度自分自身の姿を変形し

(毛虫という生態から一度、液体になり蝶々に変化します:蛻変)、

華麗な「蝶々」に生まれ変わります。

 

しかし、姿かたちが変わろうと、

「毛虫」から「さなぎ」

そして「蝶々」に変わる総てが無くして「蝶々」に成れません。
 

「毛虫」・「さなぎ」・「蝶々」総てが在って「蝶々」です。
 

 

私たちも同じです。
 

殻を被った「私」も、

殻を破った「私」も

総てが「私」です。

 

どれが欠けても「私」でありえないのです。
 

「殻を破ったらどうなるのか?

答えが解らないから怖い!

答えが欲しい。

答えが解れば殻を破れる。

歩いて行ける!」と

よく言われます。
 

 

もし答えをこの私が出して、

それによって殻を破ると、

それはその人自身ではありません。

それは「私の答え」ですから、

今度は答えを出した

この私に合わした殻を被る事になります。
 

殻を被っているのも私。
 

それをダメだしすれば、

自分自身をダメだしすることになります。
 
 

 

殻を破ろうとしているのも私。
 

肯定も否定もない、

 

「そのまんまの私」を受け入れましょう!
 

コメントは受け付けていません。