愛するということ

cocorotkn 2010年8月13日 by cocorotkn

エーリッヒ・フロム著

「愛するということ」の中にこんな文章があります。
 

 

「自分の生命を与えることによって、

人は他人を豊かにし、

自分自身の生命感を高めることによって、

他人の生命感を高める。

もらうために与えるのではない。

与えること自体がこのうえない喜びなのだ。

 

だが、与えることによって、

かならず他人のなかに何かが生まれ、

その生まれたものは自分にはね返ってくる。

ほんとうの意味で与えれば、

かならず何かを受け取ることになるのだ。

与えるということは、

他人をも与える者にするということであり、

たがいに相手のなかに芽ばえさせたものから、

得る喜びを分かちあうのである。

与えると言う行為のなかで何かが生まれ、

与えた者も与えられた者も、

たがいのために生まれた生命に感謝するのだ。

とくに愛に限っていえば、こういうことになる。

 

愛とは愛を生む力であり、

愛せないということは

愛を生むことができないということである。」
 

 

皆さんはこの文章をどのように捉えますか?
 

決して「見返りを求めない愛情」を与えることが出来ますか?
 

 

「条件付きの愛情」が欲しいですか?
 

コメントは受け付けていません。