エサレン研修レポート 2003年

cocorotkn 2006年5月19日 by cocorotkn

 

第6回エサレン研修レポート

今年は生徒を7名連れ総勢9名 

(ひとりはJTBのツァ-コンダクターで、心理学に関してまったくの素人です。

その為に又違った発見ができました)で行いました。

 

いつもながら、エサレンに着くと別世界です。

都会の人工音から自然が奏でるなごみの音。

もうこれだけで生徒達は、ビックリします。

みんな初めはヒソヒソ話です。
 

 

今回は、ひとつのクラスに全員が参加しました。

ラッセル・デルマン&リンダ・デルマン夫婦の『Essential Happiness:ムーヴメント』です。

ムーブメントは、身体全体を自然な状態で滑らかに動かす事をします。

本来、私たちの身体は滞ることなく滑らかに動いているものなのです。

常に動かなければそこは壊死してしまいます。

 

ところが、不安・心配・恐怖・悲しみ・苦しみなど(こころの緊張)があると、

身体のどこかが緊張し、

堅くなったり、

冷たくなったりして自由に動かなくなります(ブロック)。

 

一番自然体の身体が、「赤ちゃん」です。

赤ちゃんは自分の意志で身体を動かさずとも、常に滑らかに動いています。

一番ケガレの無いこころの状態です。

問題を抱えている人ほど、身体は堅くギコチなく動きます。(肩こりなどもそのひとつです。)
 

 

ムーヴメントは、

滑らかにユックリ身体を動かす事により、

自然な身体の動きを取り戻し、

こころの緊張をほぐします。(私共のボディーカウンセリングと、同じ事目的としています)
 

こころの緊張がほぐれると、

心の奥に閉じ込めていた「内なる声」(インナーチャイルドの声)が沸いてきます。

その声を、しっかり受け止める事により、

こころを解放する事を目指します。

今回、ワークを受け生徒達から出てきたものは『恐怖』でした。

 

「見捨てられる恐怖」

「傷つけられる恐怖」

「裏切られる恐怖」

「受け止めてもらえない恐怖」いっぱいあります。

 

だから、甘えられない。

もし甘えれば、

裏切られる

傷つけられる。

この思いが無意識の中に刷り込まれています。

 

この恐怖があるので、『本当の自分』が、出せないのです。

 

例として、

幼い頃、親に甘えたい(受け止めて欲しい)と思って甘えたら、

親から拒否され傷ついてしまった。

 

もう二度と同じ思い(傷つく)はしたくないから、

もう二度と甘えない。

この恐怖を少しでも感じたら、自分の殻に閉じこもりじっと耐える。

その方が傷つかずに済むから。

おかげで、人が信じれなくなってしまう。
 

 

今、生徒達はこの『恐怖』の謎を解くため、

各自が心の中に植えたエサレンの種を育てています。

いつの日か花の咲く時を信じて!
 

 

今回は、昨年までワークショップを行ってくれた、

「エサレンフレンド」ノエル・マップスッテドが

ワークができなかったからといって、

わざわざエサレンまで私たちを訪ねに来てくれ、

生徒達に『インディアンワーク・友情のタバコ』の儀式を行ってくれました。

みんな感激をし、来年も再会できる事を誓い合っていました。
 

又、今年のワークショップ・リーダー ラッセル&リンダ・デルマンとは帰国後も交流を深め、

来年も一緒にワークをしたいと言って、

来年私たちがエサレンにいく時に合わせて、エントリーしてくれました。

エサレンで再会できる事を楽しみにしています。

このようにして、毎年「エサレンフレンド」が増えていっています。

コメントは受け付けていません。