怒り④

cocorotkn 2011年2月9日 by cocorotkn

怒りシリーズです。
 

毎日毎日、「怒る」自分に気をつけています。

 

しかしながら「怒る」気持ちは、

毎日毎日、生産されるようです。

ほんのチョットした事にでも

「怒る」が湧いてきたりします。

道を歩いていても、

電車に乗っていても、

物思いにふけって居ても!

でも、この頃「怒っている自分」に注意を向けるようにしているので、

囚われる時間は短くなってきています。
 

 

「怒る」に新しい発見です。

それは「保身≒守りたい自分」です。

以前にも書き込みましたが

「良い人」で居たい私が居ます。

幼い時から、

常に「良い人」を求められ、

「良い人」出ないと

「横井家の一員」で居られない、雰囲気の中で育ちました。

 

基準は、「他の人より偉くあれ!

      相手から見下されるな!

       相手より上の立場であれ! 良い人で在る為に!」と言う事を

 

暗黙の了解のもとで育ちました。

 

 

子供の頃は友達(数少ない友達です)と一緒にイタズラもしました。

しかし、学校の先生や、

大人に見つかり怒られると、

とても危険な状況に追い込まれます。

 

「悪い人」に成ってはいけないからです!

常に「良い人」でなければなりません。

 

その結果「嘘」を付かなければなりません。

でも、すぐにばれますけれどね!
 

 

何時の間にやら、

自分の気持ちにも「嘘」を付かなければ成らなくなって来ます。

自然に振り舞いたいのに、

家族の眼があるので「良い人」で在らなければなりません。

 

こんな気持ちが、積み重なり

「怒る」をと言う事に変化していきました。

 

前回も書きましたが「自分の思い通りにならない≒怒る」に繋がります。
 

 

もっと自分の気持ちに「素直」に生きればよいものをね!
 

 

読んだ本の中に

「武士は鎧を着けて、戦争をする。

それは身を守るために。

死ぬのが怖い。

重いのに身を守るために鎧を着けて戦い、

怖いから、

身を守るために相手を殺す!」

 

どれだけ「死にたくない」と思っているのか?

ならば、戦争なんかしなければ良いのです。

思いませんか?
 

 

もっと、自分の気持ちに素直になれば、

もっと「楽」に生きていけるのに!
 

コメントは受け付けていません。