Yahooの知恵袋

cocorotkn 2011年3月8日 by cocorotkn

「Yahoo!の知恵袋」が、話題になっています。

 

私も時々、覗いています。

いろいろな質問があり、それに対しいろいろな解答が掲載されています。

真剣に答えている返事が多いのですが、

時には「?」と言うのもあります。

でも、いろいろためになる事は多いようですね!
 

 

以前の質問に

「昔、携帯が無い時代、待ち合わせとか、約束はどうしていたのですか?」という趣旨の質問がありました。

 

思わず「えっ!」と思いましたが、

今の世代は人たちにすれば、素朴な質問なんですよね!

 

携帯電話が当たり前の如く、

日常性生活の中に入り込んでいる世代にとっては!

 

携帯さえあれば、

待ち合わせも、

時間変更も、

キャンセルも、

リアルタイムに連絡を取り合う事が出来て、

とても便利になりました。

 

相手の人に迷惑を掛けないように、

対応が素早くできるようになりました。

 

その反面、いとも簡単に約束の変更が出来るようになりました。

自分の都合で!
 

 

携帯の無い時代は、

「黒電話=固定電話=家の電話」でした。

「個人から個人へ」の電話ではなく

「家への電話」でした。

 

友達に伝えたい事があれば、

先ず「友達の家=友達の家族(親)」に電話をして、

友達に繋いで貰わなければなりません。

 

これが、彼女への電話ならば、そら大変でした!

父親などが出てくると、とても緊張します。

「○○さんのお宅でしょうか?

わたくし△△さんとお付き合いをさせて貰っています、

○○と言うものですが、

△△さんは居られるでしょうか?」と言って繋いで貰います。

 

時には、父親によって「ガチャ」を電話を切られてしまい、

取り次いで貰えない事がありました。

本当に大変でした。

電話をする時間まで気を遣って!

遅い時間等もっての外でした!

 

でも、このような経験が社会に出てから、

仕事での電話の対応の仕方が、自然と身に付いていました。
 

 

携帯は「個人=個人」ですから、

必ず本人が出ます。

敬語も要らないし、

初めの挨拶も要りません。

要件をダイレクトに話していけば良いのですから。
 

 

待ち合わせにの時も、

必ず相手が出ますからすぐに変更の連絡も伝えられます。

リアルタイムに!

いとも簡単に!

 

しかしながら、

「黒電話=固定電話=家の電話」ならば、そうはいきません。

直接、本人に繋がらないのですから!

 

昔は駅での待ち合わせの時は、

駅には「伝言板」がありました。

そこに伝えたい事を書き込み、連絡を取り合ったものです。

これしか方法がありませんでした。
 

 

相手が待ち合わせ時間に来ない時は、

連絡の取り様がありません。

ひたすら待つか、

相手の家に電話をして

「連絡が入って居ないか?連絡が入ったら伝言をして伝えて欲しい。」等をして、

コンタクトを取るしかありませんでした。

 

ですので、変更が生じた時は相手に連絡が付く時間までしか、

変更はできません。

相手を待たすだけです。

 

ですので、出来るだけ「約束」を守ろうとして動きます。

相手に迷惑を掛ける事になりますから。

スケジュールの調整もしっかりします。

約束した事を変更する事が難しいので!

 

自然と相手への「思いやり」が生まれます。

そして約束を守ると言う事も!
 

 

今は携帯のお陰で、

いつでも連絡を取る事が出来るので、

いとも簡単に変更、キャンセルをするようになりました。

「ドタキャン」もありです。
 

 

便利になった分だけ、

何かを「失った」様な気がします。
 

 

相手を「思いやる」

こころを!
 

コメントは受け付けていません。