無限の樹形図

cocorotkn 2011年3月22日 by cocorotkn

「無限の樹形図」これは、

テレビ大阪で放送されていた、

「最上の名医」の中で、出てくる言葉です。
 

 

私も途中から見出して、ハマってしまったのですが、

どうも人の命、

特に子供の命に関わるテーマの番組には、

興味を持ってしまいます。

 

放送された最終回は、

医学の世界では、

「大人の命も子供の命も同じ」

しかし、治療費が全く違う。

そして幼い故に「リスク」が大きい。

救えて当たり前。

失敗すれば訴えられる。

ならば、

同じ命ならば「リスクの低い、高い治療費」である、

成人の命を救うほうがよい。

リスクが大きく、医者の負担が大きい「小児外科」は採算に合わない。

だから切り捨ていくのが経営上ベスト!と、

重い課題もあり考えさせられました。
 

 

このドラマの中で「無限の樹形図」という言葉が出てきます。

 

ひとり幼い命を助けることにより、

その子供が大人になり、

結婚し子供を産み育てる事により、

無限の広がりが産まれる。

 

もしその命を無くす事で、

これから広がる「命の樹形図」が途切れる。

 

幼い小さな命が「無限の樹形図」を作り上げていく。

と言う主旨でした。
 

 

カウンセリングの世界にも当てはまると思います。

悩みを抱えて、カウンセリングに来られます。

その時に「悩みの軽い重い」は関係ありません。

その人自身が今苦しんでいる事には、変わりは無いからです。

 

どんな悩みでも、その人を苦しめています。

その悩みを「クリア」する事により、

その人の人生が大きく変化します。

人への関わり方が変わります。

関わり方が変われば、

相手の人の反応も変わります。

またその相手の人も、

次の人への反応が変わり、

「良い循環」が産まれてくるのです。

 

自分の関わる人、

そして、自分の家族に、

一番大事な子供に、

変化を受け継がれていきます。
 

 

これも「無限の樹形図」です。
 

 

カウンセリングでその人が「自分らしく人生を送る」様になるには、

膨大なエネルギーが要ります。

すぐに気付きが促され、

変わっていけば良いのですが、

逆にいくらエネルギーを注いでも、

変化が思うように出ない時もあります。

でも、クライアントが頑張り、

「自分らしく人生を送る」様になれば、

その力を次の人に受け継がられていきます。

 

今は、「一つの悩みの解決」にしか成らないかも知れません。

 

でもこの「自律」が

次の「自律」を産んで行きます。
 

 

カウンセリングに於ける

「無限の樹形図」を信じて、

関わっていきたいです。
 
 
 
 

コメントは受け付けていません。