魔の時間帯

cocorotkn 2011年6月14日 by cocorotkn

近鉄 通勤に利用している電車に

「魔の乗り継ぎ時間帯」が在ります。

 

私は、近鉄線:大阪線に乗り、

鶴橋で難波線に乗り換えて通勤をしています。

 

当然、帰りは逆になります。
 

 

平日の帰宅時のダイヤは何の問題もなく、

乗り継いで行けます。

 

しかし、土日の休日ダイヤになると、

乗り継ぎのタイミングが上手く行かない時が在ります。
 

日曜日の帰宅の時でした。

PM6:16発大阪難波発普通電車「西大寺行」です。

 

これが私にとっての「魔の乗り継ぎ電車」です。

 

この列車は鶴橋駅にPM6:23に着きます。

丁度この時に、

PM6:22発大阪線快速急行「鳥羽行き」が停車しています。

この列車に飛び乗れれば、

20分後には、私の降車駅に着きます。

素敵な事です。

 

しかしながら現実は違います。

 

難波からの列車が到着して、

もう間もなく停車する頃を見計らう様の如く

「快速急行」はドアが閉まり、

発車していきます。

ショックです。
 

 

まるで「快速急行」の車掌さんが、

こちらの列車を「チラッ」と観て「ニヤッ!」と笑って、

ドアを閉めて居るように観える位

「イラ!」と来る時が在ります。
 

 

確かにダイヤ上は

「乗り継ぎが出来ない」ダイヤ編成です。

 

しかしながら前日の土曜日、

「魔の乗り継ぎ電車」より一本早い列車に乗る事が出来たので、

同じ時間帯の「快速急行」に余裕で乗り込んでいました。

その時に放送が在り

「列車の待ち合わせをします。」

「魔の乗り継ぎ電車」の到着を待っています。
 

 

この違いは、何なのでしょうね!

 

こんな事は、以前からもチョクチョク在りました。
 

乗り継ぎが出来ない日と、出来る日の違いは?
 

 

目の前でドアが閉まり、列車が出て行く。

そしてその車掌さんが「ニヤッ」と笑っているように見えるのは、

私の気のせいでしょうか?
 

コメントは受け付けていません。