2011 第14回 Esalen研修レポート

cocorotkn 2011年11月13日 by cocorotkn

2011年 第14回 Esalen研修も無事終了しました。
 
今年は色々な事がおきて、波乱万丈のままのスタートでした。

14回も行っているので(個人的には16回ですけれど!)要領は掴んでいますが、

やはり添乗員のいない研修旅行は何かにつけて神経を使います。

何時もならEsalenでは熟睡できるのに、夜中に何回も目を覚ましていました。

それでも、Esalenと言う場は総てを受け入れてくれる場所です。

研修は参加者全員に何らしかの成果を上げました。

IMG_1143.JPG

今年のワークはLuciaによる「5Rhythms:Heart Beat」です。

昨年、日本へLuciaを招致して開催した「5Rhythms:Waves」をステップアップしたものです。

震災さえなければ、6月にLuciaに再来日して貰いHeat Beatのワークショップを開催して、

準備が出来たのですが今回はぶっつけ本番になりました。
 

朝のワークは9:30AMから0:45PMまでの3時間15分ワーク
 

昼のワークは4:00PMから6:30PMまでの2時間半のワークが毎日続きます。

ダンスを踊り続けるかなりハードなワークではありますが、

Luciaのワークの進め方は、あっという間に時間が経っている素敵なワークでした。

 

基本的なベースはWavesもHeart Beatも変わりません。

5Rhythmsのダンスから、色々な感情、気付きを知り、

「あるがままの私」を受け入れる作業を行います。

 

Flowing:足の裏に意識を持ち「恐れ」を感じます。

自分が外部からの何に恐怖を感じているかを気付きます。

苦しい時です。

 

Stacato:その恐怖から、自分を守りディフェンスをするうちに「怒り」をぶつけていきます。

この時に意識するのが「腰・お尻」です。

ここに「怒り」がブロッキングされています。

 

Chaos:「混沌」です。

恐れと怒りに混乱してきます。

「頭」が混乱してきます。

もがき苦しみ、悲しみが襲ってきます。

最大の難所です。

辛い時でもあります。

 

Lyrical:リリース、解き放つ、手離す時です。

腕に意識が行きます。

もう色んな悲しみ、怒りを手離す時です。

過去に捉われる必要は有りません。

悲しみ、怒りは過去に起きた事です。

今では無いのです。

今は自分を苦しめる、悲しませるものは存在しません。

過去に拘り、しがみ付いているから苦しいのです。

手離して「今に生きる」事を知ります。

もう自由なのです。

 

Stillness:静寂、思いやり、慈悲です。

「ハート:こころ」がテーマです。

総てのものへの感謝、思いやりを感じるダンスです。

IMG_1298.JPG

IMG_1305.JPG

IMG_1308.JPG

IMG_1309.JPG

今回のワークでは「今、ここに生きる」というキーワード一杯出てきました。

私たちは過去に生きていない、今に生きている、今を自分らしく生きる!

 

正しくEsalenのテーマ「ゲシュタルト」です。

どうしても私たちは、

過去の事に拘り、

苦しんでいます、

それは済んだ事です。

やり直しは効きません。

極端な言い方をしますが、

自分らしく生きれば、親から嫌がれます。

親の期待通りに生きれば、親から愛されます。

結果、親の言う事に従います。

親は「躾と言う名の愛情」を使い、自分の思い通りに育てます。

そして、それに従わせる為に「恐怖」を使い支配下に置きます。

この「恐怖」が私たちに染み付き、現在も苦しんでいます。

しかし、今現実には私たちは自由です。

今ここに「恐怖」は存在しません。

自分が思い込んでいるだけです。

過去に捉われて!

だからこそ「今に生きる」事だ大切なのです。
 

この恐怖から解放されて、

吐き出し自分のあるがままを受け入れる為には、

「受容と共感」が必要です。

それがEsalenに在るのです。

何が在っても「それがあなたです。」という空間が在るのです。

Esalenの自然、共にワークを受けた仲間たち!

この安心感が「恐怖」から解放されるのです。

IMG_1167.JPG

IMG_1259.JPG

IMG_1262.JPG

IMG_1344.JPG

IMG_1249.JPG

IMG_1342.JPG

IMG_1349.JPG

 

今年のEaslen研修のテーマは「アクション」

動き続けること!止まれば、みんなが、時が前に進みます。

自分が取り残され、過去に生きる事になります。

Waveも同じです。

動き続ける事が大切です。

止まれば固まります。

恐怖を感じた時、私たちは身構え固まります。

固まった状態では、耐え忍ぶだけです。

解放されるためには「動く:アクション」が必要です。

恐怖を感じたら、先ずは「呼吸」をしてください。

恐怖に耐えている時は、呼吸を止めています。

呼吸をする事により動きが始まります。

そこから、ゆっくり解放を始めてください。

動く事が、恐怖からの解放に繋がるのです。
 

 

今年のEsalen研修中に、私は誕生日を迎えました。11月3日です。

この日は学校の「創立記念日」でもあり、私の家族の記念日でもあるのです。

その時を、Esalenで迎えられた事は幸せでした。

研修参加生徒たちが、協力し合ってEsalenでバースディーケーキを用意してくれました。

寄せ書きも一緒に!

私には内緒で準備をしてくれました。

キッチンに交渉して特別に「チョコレートケーキ」を頼んでくれたのです。

丁度、参加者の「SATOKO」も同じ誕生日でしたので、一緒にお祝いです。

Esalenのみんなが祝福してくれました。

IMG_1334.JPG

この日は、お礼を込めてEsalenのみんなに

「お抹茶」をプレゼントを企画していたので、両方共のイベントになり大変な騒ぎでした。

前日からEsalenフレンドの「レイ」(生徒と結婚した友人です。)も来てくれ

てとても楽しい夜でした。

IMG_1367.JPG

あっという間のエサレン研修!

長いようで短いエサレン!

何時も変わらず、私たちを迎え入れてくれるEsalenに感謝をします。

そして、Lucaに!

    Esalenフレンド!

    通訳のMASYOさん!に感謝をします。

一番大事な私へのプレゼントは
今回のEsalen研修で、

頑張ってワークを受け「今ここに、自分らしく生きる」事にアクションを起こしてくれた

「生徒たち」を誇りに思える事です。
 

みんな、ありがとう!

IMG_1412.JPG

IMG_1414.JPG

IMG_1347.JPG

IMG_1420.JPG

PS:今年は「ハロウィン」にぶつかりましたので、楽しみました!

IMG_1235.JPG

IMG_1223.JPG

 

コメントは受け付けていません。