しあわせ鏡:ゲシュタルト

cocorotkn 2006年7月26日 by cocorotkn

しあわせと不幸せの違いは、何でしょう?

 

私たちは何を基準にして「幸せ」と「不幸せ」を区別しているのでしょう?

 

宝くじで一等3億円が当たっても幸せと感じられるのでしょうか?

当たればうれしくて、「しあわせ」なはずです。

でも、「こんなのが当たると事故や災難にあって不幸になる」という人も居ます。

 

出来事は「宝くじに当たった」という事です。

なのに、同じ出来事を「しあわせ」と思う人、「不幸せ」と思う人が居ます。

 

「あなたはどちらですか?」

 

事実だけを捉えませんか!

 

人生は私たちが出来事を、どのように捉えるかによって変わってきます。

人生の中で、物事の捉え方を謙遜する人が居ます。

本当は控えめにして、

目立たないように、

目をつけられないように、

傷つかないように、

自分を殺しているだけですけれどもね!

 

少し悪い目に考えておけば、何かあった時の「ショック」を少ないように、するためです。

このような人は「不幸せ鏡」を常に見ています。

癖のように。

「不幸せ」しか写さない鏡を見ている限り、「不幸せ」にしかなりません。

 

どうせなら、「しあわせ鏡」を見ませんか?

「しあわせ鏡」は「しあわせ」しか写しません。

同じ出来事が、幸せに見えます。

宝くじが当たれば、楽しい事、うれしい事だけを見つめられます。

そして、そこから始まる「幸せな人生」を作り出せます。

「しあわせ」は「しあわせ」を産みます。

どんどん増やしましょう!

 

「しあわせ鏡」をしっかり見よう!

コメントは受け付けていません。