π

cocorotkn 2012年2月22日 by cocorotkn

「π」懐かしい文字です。

何時から使ってないでしょうか?

 

学生を終われば、

使う事の無い文字ですよね!

余程の事が無い限り使う事は無いですよね。

円の面積や表面積を求める事なんて!
 

 

先日、中一の娘の数学の問題を見ていると、出て来ていました。

 

「円すい」の表面積を求める問題でした。

 

ハテ、どうするんだったかな?

 

女房が娘に教えていましたが、

初めは気にも留めずに新聞を読んでいました。

 

しかし、女房が表面積の求め方に四苦八苦しているので、

どうしたのかと思い教科書を覗きこみました。

 

「え~っと」

「どうするんだったかな?」と暫く例題を見ていました。

「底面積」+「扇の面積」だな!

とダンダン思い出してきました。

 

例題の式を見ていると、

変な事に気づきました。
 

 

「円周率=π」を

そのまま「π」として計算が成り立っています。
 

 

「円周率=3.14」計算をするのではないのです。

そのまま、「π」で計算の答えが出ているのです。(正解が6πと言う風に)
 

 

計算式も、方程式のやり方で計算をしていました。

 

まるで、

図形・幾何の問題を代数(方程式)で解答している感じがしました。
 

今の時代の、数学はこんな解答なんですね。

 

一時、円周率を3.14で計算をせずに、

「3」で計算していた時代があり、

やはりそれでは、良くないので「3.14」に戻ったはずなんですが、

 

「π」で計算をするとは?
 

 

私にはついていけません!

 

私の時代は、私立高校の入試では、

「円周率を小数点4位以下で計算をしなさい。」と言う様な問題が出ていましたから

「3.1415」まで覚えて、計算をしたものです。
 

 

これは、授業内容が「退化」したのか、

それとも「図形問題」を方程式と捉えて、

問題を捉えることで「進化」かしたと考えるほうが、

正しいのでしょうか?
 

 

しかしながら、久しぶりに「数学」をやり、

「頭の体操」に成りました。

 

 ボケ防止には役立ったでしょうか?

コメントは受け付けていません。