TKNブログ:ペットロス

yokoitomizou 2015年9月1日 by yokoitomizou

「ペットロス」

今、多くの方が体験しているかと思います。

家族の一員が如く、愛情一杯にを注いでいる方にとって、

大切なペットが亡くなる事は、とても哀しい事です。

心の寄り処に迄になって、一心同体なっている方も居られます。

ペットは私の人生の生き甲斐。

ペットが亡くなる事は、自分を失うこと。

欠けがいの無い存在でも在るペットは失くすと事は、

生活にまで影響を与え、何も考えられない。

生きていけない。とまで、思い込み「うつ」状態にまで落ち込む方も居られます。

ペットに「共依存」が掛かっています。

 

私も、犬を飼っていた時があります。

子犬を貰って来ました。

そのままでは、始末される雑種の子犬でした。

番犬変わりでも在りました。

普通に可愛がっていました。

散歩は私の担当。

元々、犬は好きで、幼い時から犬が傍に居てる生活でしたから、

可愛がり方も知っていました。

12年生きました。

老犬になっても、散歩を続けていました。

時間がくれば、吠えて私を呼びます。

散歩に連れて行くまで。

ともかく、少しでも連れて行けば納得しておとなしくなります。

寿命が尽きる時まで、続きました。

寿命が尽きる数日前に、何時ものように吠えるので

「もうお前もしんどいんだから、おとなしくしていろよ。散歩に行ったら疲れるだけだから」と、

言うと、ヨタヨタと小屋に入っていきました。

この時、気付きました。

私が、犬を世話していたのでは無く、

犬が、私の相手をしてくれていたのです。

立場が、逆転していたのです。

犬を育てていたのではなく、犬が私を育ててくれていたのです。

ある日、犬に言いました。

「死ぬ時は、挨拶に来いよ」と。

その日の明け方、夢を見ました。

犬が、元気に尾っぽを振って小屋から飛び出してきました。

その時、犬はあの世に行ったようです。

 

愛するペットを亡くす事は、とても哀しい事です。

でも飼い主が、哀しみ淋しがれば、ペットは死ぬに死ねません。

飼い主が不憫でならないからです。

飼い主が未練を持てば持つ程、ペットは不憫でならないので、苦しまなければなりません。

病院で、精一杯の治療をしてあげる事は大事ですが、

未練があり、延命治療をすればするほど、

飼い主の事が心配で、苦しみ続けなければなりません。

それよりも、今までの事を感謝してあげる事が大切だと思います。

悲しい時、辛い時、苦しい時に励ましてくれたペット。

楽しい時は、喜びを倍増させてくれたペット。

淋しい時は、傍に居てくれ癒してくれたペットに対し、

「ありがとう!、貴方のお陰でここまで楽しめた、頑張れた。

時には、共に楽しみ、喜び。悲しい時、淋しい時には傍に居てくれて励ましてくれた。

お前のお陰で、頑張れた。ありがとう。

もう大丈夫、お前が居なくても私は、強く生きていける。

本当にありがとう!」と、言う感謝の気持ち伝えてあげて欲しいです。

ペットは安らかにあの世に行けます。

飼い主が、愛するペットの死を受け入れる事です。

 

ターミナル・ケア―です。

 

葉と空09

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

 

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催!

 

コメントは受け付けていません。