Esalen痛 再び!

cocorotkn 2012年4月10日 by cocorotkn

今年のEsalen研修も、二ヶ月を切りました。

 

Esalenの予約も完了し、準備が進んでいます。

(何時もながら、Esalenの予約には振り回されましたけれど!)

 

それと同時進行で始まったのが、

恒例の「Esalen痛」です。

 

毎回ながら、

Esalenが近づくと何処かしら身体にトラブルが起きます。
 

 

今年は肩凝りからの「頭痛」です。

 

右肩が凝り固まり、

触るのも、

動かすのも痛い位の状態が、

突然襲ってきました。

「ヤバい」と思った時には、もう時は既に遅しでした。

 

「右側頭部」に痛みが、走りだしました。

 

講義の最中も、お構い無しに「痛み」が走ります。

「ズキン!」と!

 

只、講座中は表情にも出さず笑顔でごまかしますけれど!

痛み止めを飲んでも一時凌ぎにしかすぎません!

最悪の一週間でした。
 

 

右肩の凝りを何とか解そうとするのですが、

ビクともしませんでした。

湿布をしたり、

5Rhythmsで身体を動かしたり、

いろいろ試しましたが解れません。

 

そんな時、フッと思い出したのが、

3月初めに行った「フットリフレクソロジー」です。

 

「足の裏に、身体と同じ部位(ポイント)がある。」事を思い出し、

その部位を触ると、痛みが有る凝りが出てきました。

 

右足裏の右側部に!

丁度「肩」から「腰」とされる部分でした。

 

「ビンゴ」です。

 

その部位を、ゆっくり、優しく触って行くと、

足の方の痛みが和らぎ、

それとリンクして、凝り固まった肩が少し和らいできました。

 

少し、「頭痛」から解放されました。

 

日曜日の講座後、

スタッフの増井さんに急遽「ボディカウンセリング」をして貰い、

何とかキツイ「頭痛」と「肩の痛み」から解放されていきました。

助かりました。
 

 

しかしながら、凝りからは解放されず、

真(核)が残っていて、

時々痛みが走ります。(でも、かなり楽になりました。増井さんのマッサージに感謝!)

 

この真の部分は、Esalenまで解放される事は無いのでしょうね!

 

Esalenに生徒さん達を連れて行き、

生徒さん達が成果を上げ、

無事に帰国をするまでは、

解放される事は無いのでしょうね!

 

現に不思議なもので、

研修が終わり帰国が近づく頃には、

痛みから解放されるんですよね!
 

 

それまで、ひと踏ん張りです!
 

 

因みに、足の凝りの反応に気づくのに、一日掛かりました。

 

これも「加齢」のせいでしょうか?

 

反応が鈍くなって来ているのかな!

コメントは受け付けていません。