ガジュマル:共依存

cocorotkn 2012年4月17日 by cocorotkn

「ガジュマルの木」は環境の悪い土壌の中で、

強く生き、

ツタを絡ませながら強く、

太く、

たくましく成長する木ですが、

別名「絞殺しの木」とも呼ばれます。

 

 P1000854.JPG
 

 

壁や柱や、

他の樹木にツタを絡ませながら成長をしていきますが、

その内にツタ同士が絡み合い、

太く大きく成長をし、ひとつの大きな太い幹になります。

そして、

絡みつく事により内部に閉じ込めた、

柱、壁、元もとの樹木を

「締め殺し」にして、

破壊し、

殺し、

乗っ取ってしまいます。

 

別の意味では、怖い木です。

それだけ生命力が強い木です。
 

 

これはある意味で「共依存とモラルハラスメント」の関係に相当とも言えます。
 

 

依存者が共依存をしてくれる人を探し、

共依存者に依存をしていきます。

 

共依存者は、

一生懸命に構い世話をします。(それが共依存者の目的ですから!)

 

そして、依存者にがんじがらめにされて、

振り回され、

自分を失い、

依存者の言いなりになり、

苦しんで行きます。(共依存者の望みでもあります!)

 

それでも、

共依存者は必死に尽くしていき、

破滅に向かいます。

 

共依存の心には「怒り」が目覚め、

依存者に敵意を示します。

 

第3者にも分かるぐらいの、

現実の問題行動を起こし、

自らを滅ぼしていくのです。
 

 

共依存者に向けられた、

この関係が「モラルハラスメント」です。

恐ろしい罠です。

 

身動きが出来ない状態で、

自分を見失い、

潰れていくパターンが

「モラルハラスメント」の被害者なのです。
 

 

実を言えば、

この「依存者」も「共依存者」なのです。

 

依存出来る人を探し求めている「依存者」に近づき

「お世話」をして、

「共依存者」に依存をさせます。

「共依存者」は「依存者」を自律させる事はさせません。

 

「依存者」が自律をされると、

自分が必要とされないので、

常に必要とされるように

「自律の目」を潰していきます。

 

「依存者」に「共依存者」が絡みつき、

自分の支配下に置き、

自分の思い通りに支配します。

 

もしここで、

「依存者」が気づき「自律」を始めれば、

怒りが爆発します。

 

「共依存者」の支配下にならない相手は、

自分への敵ですので、

潰しても構わないので。

 

「モラルハラスメント」に入っていきます。

 

これが、正規の「共依存とモラルハラスメント」の関係です。

 

ですので、初めのお話は、

この正規のパターンの変型判なのです。
 

 

どちらにしても、

「共依存者」同士のパワーゲームなのです。
 

 

「ガジュマル」の木の別名

「締め殺しの木」の意味に、

似ていませんか!
 

コメントは受け付けていません。