ホメオスターシス:ゲシュタルト

cocorotkn 2006年8月29日 by cocorotkn

ホメオスターシスとは、自己治癒能力のことです。

 

私たちには、怪我をしたり病気になったりしたら、

元の健康な状態に戻そうとする力があります。

体内に病原菌が侵入すれば抗体が病原体を倒します。

このような力が、ホメオスターシス・自己治癒能力なのです。

 

悩みも同じです。

悩んだら、その悩みから立ち直り、元気になるように自然に働きます。

これはバランスを元に戻す行為なのです。

私達はホメオスターシスの力で、常にバランスが取れるようになっています。

悩みが発生するとこころのバランスが崩れます。

ですから、そのバランスを元に戻して心を安定さす。

これがカウンセリングにおける、ホメオスターシスです。

 

心が乱れた、悩んだから元の状態に戻す。

悩みの無い状態に戻すわけです。

もし、バランスが乱れたら「神経症」になりやすくなります。

私達は常にバランスをとっています。

 

たとえば、神経症の人は机の上の書類が、少しでも乱れていれば気になって仕方ありません。

でも片一方では、書類がグチャグチャでも気にならないのです。

健康な人でもこんな事はあります。

只この差が小さいだけです。

「神経症」の人はこの差が激しいのです。

おかげで、周りの人からは「わがまま病」といわれます。

 

日頃からこのバランスを取れるように、心がけて欲しいのです。

 

でも普段は勘違いが発症しています。

例を挙げると、「肩こり」です。

肩こりは左右の肩のどちらかが、強く凝っています。

ここで凝っている方を、マッサージするなり湿布を貼れば良いのです。

緊張している片方が、少し緩んでくるのでバランスが取れるのです。

かえって両方とも貼ったりすると、バランスが取れない状態になります。

逆に言えば、緩んでいる方を凝らせば(緊張させれば)、バランスが取れて楽になります。

 

対人関係等で悩んだ時、相手の人に意識が行き過ぎています。

違う事に、人に意識を持っていってください。

出来れば楽しい相手の人に。

そうすればバランスが取れるので、心が安定します。

 

時には、恐怖を感じる相手が居てる時には、

怒りを感じる相手に意識を持っていくのも、ひとつの手です。
 

 

今日から、こころのバランスを心がけませんか!
 

コメントは受け付けていません。