TKNブログ:誰のせい!

yokoitomizou 2015年12月15日 by yokoitomizou

「人のせい

家のせい。 親のせい。

学校のせい。 先生のせい。

国のせい。 政治家のせい。

会社のせい。 上司のせい。

自分のせいは、はるか遠くに置いたまま。」

これは私の近くに在る、お寺の掲示板に張り出しているものです。

 

時々、グサッとくる事が張り出されている事があります。

私たちは、色々な事にぶつかります。

時には傷付き、悲しみ、苦しみ、恨んだり、嫉妬したり、妬んだり、します。

そして、その原因が自ら解決できなければ、

「相手のせい」に、しがちです。

「あの人が、私に○○○な事をするから、私はこんな結果になった」

「親が、私に○○○な事をするから、私は苦しいのだ」

「上司が、私に○○○な事をするから、私にミスが起きたのだ」

「先生が、私に○○○な事を構ってくれないから、私はいじめられた」等々!

 

この方が、楽ですよね。

相手に責任にして、もしかして自分の中に在る問題点に眼を瞑り、

文句を言えばいいのですから!

 

確かに、そのそこに原因がある事は間違いが無いでしょう!

だからと言って、相手が変わるでしょうか?

また、自分自身の問題点を「責任転換」していないでしょうか?

問題点の先送りにしか過ぎません。

 

大多数の方は、真面目に人生を生き、頑張っています。

そして、相手の理不尽な行為によって、傷つき、苦しんでいます。

でも一部の人の中に、自己責任が取れないので

「相手のせい」に、している方が出没しています。

 

一時的には構わないと思います。

苦しく、辛い時は歩き出せません。

一旦、「他人のせい」にして、立ち直ってから責任を取る行動を起こせばいいと思います。

だから、大いに「他人のせい」にしましょう!

その方が、楽ですから!

苦しい事より、楽しい事を選びましょ!

特に、「悩み好き」な方々には、お薦めです。

ただでさえも「自分のせい」に、しがちなのですから。

時には、自分を責めずに、相手を責めましょう!

確かに、相手側に問題点が多いのですから。

先ずは、気持ちを楽にしましょう。

 

ただ、落ち着いたらポジションを変えましょ!

「相手のせい」にしても何も変わりません。

「相手のせい」にして逃げるのは、もったいないです。

だって、相手は気付いていないのですから!

気付いていない人は、変わる事は出来ません。

そんな人が変わるのを待って居ても、時間の無駄です。

 

「幸せの先送り」です。

 

いま、自分にできる事に集中する方が、幸せです。

 

私もつい、やってしまう事があります。

気をつけなければなりません。

「相手のせい」にするよりも、

気付けるチャンスが、巡ってきたと、思えるようにします。

 

お寺-03

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催

コメントは受け付けていません。