妖怪シリーズ 第15弾 「妖怪:当たり前」

cocorotkn 2012年7月18日 by cocorotkn

やはりこのシーズンになると、現れてきました。

 

「妖怪シリーズ」の再開です。

今回は、今のところ「2体」だけです。

 

昨年で、出尽くしたかと思っていましたが、

やはり出てくるものです。
 

 

先ず1体目は

「妖怪:当たり前」です。
 

 

この妖怪は、

特に「Esalen研修」中にはよく現れます。

今まで15回(15年)連続、出没をしています。
 

 

この妖怪のの特徴は、

「やって貰えて当たり前」と言うモノの捉え方をします。

 

私に話しかけてくれて当たり前!

私の世話をやいてくれて当たり前!

私の思うようにやってくれて当たり前!

私が、楽になるようにかまってくれて当たり前! etc・・・
 

 

普段はこんな事はしません。

誰から見てもしっかりと対応が出来る人ですが、

イザ不安になったり、

寂しくなったりすると、

顔を出してきます。
 

 

以前には、

Esalen中に「私の事を構ってくれない!」と言って、

噛みついてくる人もいました。

 

研修期間中、

私の傍から離れ距離を置き、

ひとりで居てる時間を多くつくります。

他の生徒たちとも接点を極力減らします。

 

ワーク中でも、

私が傍に近寄ると離れてきます。

嫌な顔をしながら!

 

Esalen研修は「自律」を目指します。

自らがアクションを起こさない限り、

私は何時も、観ている事にしています。

自らが動いて変わらない限り、

何も変わらない事に気づいて欲しいからです!

 

その結果、

Esalenが終わる頃に他の生徒に対し

「私の事を何時もほったらかしにする!

他の生徒に色々話を聞いたり、

ケアをするのに私には何もしてくれない!」

愚痴をこぼします。

 

中には、直接私に噛みつきたり、

物を投げつけてくるタイプもいます。

 

「依存」です!
 

 

このような事は例題として、

研修前に参加者にしっかりと伝えています。

「依存が起きるよ!」と。

皆も納得して、

「そんな事は大丈夫ですよ!」と、

自信を持って返ってくるんですが?
 

 

そして、研修中に起こった事を

当事者は一切覚えていない事です!

 

「そんなバカな事が在るか!」と言われますが、

現実なのです。

 

と言うのも、

普段は「理性」で自分の行動のコントロールを行っています。

しかしEsalenでは時間と共に「理性」が緩んできます。

当然「ゲシュタルト療法」を受けているのですから、

当たり前です。

 

その結果、

理性で抑えていた

「本能」が顔を出してきます。

 

「私の事を構って!」

「甘えさせて!」

「よしよしして!」と本能が湧きだしてきます。

本能=無意識です。

 

日頃抑えていた、

感情が素直に表に出てくるのです。

 

処が、Esalenを離れ、

理性が再び顔を出して来ると、

「本能=無意識」に対して「蓋」をします。

緩んでいた「理性」は

「本能」が成したことなど知りません。

無意識に行った事ですから!

 

結果、記憶が無いのです。
 

 

やはりこれは、妖怪が成せる業ですかね!

この妖怪と旨く付き合えれば良いのですがね!

そして、この妖怪に忍び寄る

「妖怪:すり寄り」だ出てきます。

この妖怪に関しては、次回に書き込みをしますね!
  

 

※この妖怪は、特定の人を例えて居るのではありません。

みんなの心の中何処かで、巣食っている「妖怪」です。

そして、私の中にも!

コメントは受け付けていません。