汚い、臭い、うるさい

cocorotkn 2012年8月12日 by cocorotkn

「臭い」「汚い」「うるさい」これは、

先日読んだ「読売新聞:人生案内」に掲載された、

女子高生の「お父さん」への人生相談で出てきたキーワードです。
 

 

この女子高生のとっては

お父さんは「臭くて、うるさくて、デリカシーが無く、汚い」存在のようでした。

 

これは総ての思春期を迎えている、

特に女子高生の共通の気持ちだと思います。

 

娘にとって父親は、

うるさくて、

汚くて、

臭く、

デリカシーの無い、

煙たい存在にでしか無いと思います。

 

「鬱陶しい」存在でしかないでしょうね!

 

当たり前だと思います。

私にも身に覚えがあります。

でもそうして、

「親離れ」をしていく大切な時期かと思います。

 

いつまでも、

父親が良くて傍に居ているより、

子供にとっては良い事です。
 

 

先週の金曜日に、

仕事から帰って風呂に入り、

11:30PM過ぎに夕食を食べようと、し始めたら、

上の娘(高2)がやって来て、

「スマホに音楽が入らないので、教えて!」と言ってきました。

 

先週の初めに、

女房と一緒に携帯からスマホに替えたので、

データを携帯からスマホに移行している最中でした。

「先ず、スマホからパソコンにUSBで繋いで

ソフトをインストールしなければ、音楽は移せないよ!」と言ったら、

「やってみたけれど出来ない!」と返ってきました。

 

もう、ここからは食事が出来ません。

待ってくれているようで、待てない雰囲気です。

仕方ないので、「指示をしながら少し食べる」の繰り返しになります。

 

確かに、インストールをしても、

パソコンにソフトが入りません。

「インストール出来ました」と言う表示は出るのですが、

何処にも見当たりません。

仕方ないので、メーカーのHPにメールで問合せをして、

あくる日の返事を待つ事にしました。

 

その間、少し食事をして、

娘に指示をしたり、

パソコンを触るの繰り返しでした。

 

結局、終わったのは日付が変わった1:30AM過ぎでした。

 

ご飯のおかずは、何だったのか、

よく分かりまんでした。

覚えていません!
 

 

しかし、このように娘が、

頼って来てくれる事は、

ある意味で「幸せ」な事でしょうね!

 

冒頭の「汚い、臭い、臭い、鬱陶しい」と言われずに、

頼って来てくれるだけ!

 

まぁ、これもその内に無くなるでしょうが、

何でも自分で出来るようになっていくので、

必要でなくなればやはり「無視」扱いになるのでしょうから!

 

因みに、スマホの問題は、

あくる日にHPより情報を集め、

直接HPよりダウンロードする事によりクリア出来ました。

 

後は勝手に娘が自分の思い道理に扱っていました。

まるで「当たり前」の様に!

それで良いんです!親として!

「当たり前」で!
 

 

私も「老けこまないように」

「汚い、臭い、臭い、鬱陶しい」にならないように、

維持に努めます。

 

自分にとっても、大切な事ですので!

 

別の意味で娘に、感謝かな!
 

コメントは受け付けていません。