長所と短所

cocorotkn 2012年10月9日 by cocorotkn

昨日は、京大の山中教授が

「iPS細胞」でノーベル賞が決定しましたね!

 

何時かは受賞されるとは分かっていても、

実際決まると驚きますね!

 

これで今年の「文化勲章」も間違いなしですね!

何時も後付けになっていますよね!
 

 

昨日インタビューの中で

「不器用だった!じゃまなかと呼ばれていた!」と言われていました。

しかし、

この短所の不器用さが有ったお陰で

「iPS細胞」の発見に繋がったと、

応えておられて居たのが印象的でした。
 

 

私たちは、「長所」を好み「短所」を嫌います。

でも、本当に「長所」は良くて

「短所」は悪いのでしょうか?

 

時には「長所」は相手から観て良い処で、

本当のその人の「長所」は無い可能性があります。

 

逆に「短所」は相手からは嫌われますが、

その人の「個性」であり、

一番の力を出す、

「魅力」である時があります。

 

現に私の昔の「長所」はは

「優しくて、良い人」でした。

自分に嘘をつき、

他の人に「嫌われない」ように良い人を演じていました。

「魅力」を殺し!

 

私の中の「頑固モン」

「エエカッコしい!」の

「短所」が私を変えてくれました。
 

 

夢を叶えるために!
 

 

「短所」の中にその人の「魅力」があり、

本当の力に気づかせてくれる力が、案外在るのかもしれません!
 

 

今回行う「MUZINAセミナー」も、

欠点、問題点を一度

「MUZINA」に置き換えて、

自分の中の本当の叫びに気づいてい貰うセミナーですが、

 

それと同時に「MUZINA」が気づかさせてくれている

「問題解決法」を見つけ

「MUZINA」と旨く付き合う事も目指して貰います。
 

 

正しく、「短所」に対してダメ出しをせずに、

受け入れ「長所」に切り替える。

 

「ゲシュタルト」のテーマです。
 

 

「長所」と「短所」が有って「私」です。

 

どっちが欠けても、

 

成り立たないのですから!

コメントは受け付けていません。