イジメ:こころの叫び。聴こえますか!

cocorotkn 2012年11月13日 by cocorotkn

「羽曳野市立高鷲南小学校」の方へ講演会に行ってきました。
 

学校のHPにもリンクを貼って紹介していますが、

TKNの卒業生3人が「coco-cara」を起ち揚げて「

ボディカウンセリング」を行っています。

 

その「coco-cara」のプロデュースの企画でした。
 

 

講演依頼の時は

比較的ノーマルな親子関係の信頼関係についてお話をするのですが、

時節柄「イジメ」がテーマに成りました。
 

 

当日は、夜中からの雨で

日曜参観の後の講演なので

どれだけの親御さんが聴いてくれるのかなと、

心配していましたが、

当初の予定30名程だったのが、

70~80名を超える親御さんが参加してくださいました。

 

如何にこの学校、

PTAの方々が子供の事に関心を持っているかの現れです。

 

20~30名前後が集まるのが多い状態ですので!
 

 

今回の講演の中で一番訴えたかった事は

「思いやり」でした。

 

高鷲南小学校の教育テーマの中にも含まれているテーマでした。

 

この「思いやり=共感」が、

哀しいかな弱くなってきています。

 

相手への、

友への思いやりがあれば、

「イジメ」も度が過ぎず、収まっていくものです。

昔から「イジメ」は有りましたからね!

 

この「思いやり」は何処からくるのか?

         何故弱くなったのか?

         どうすれば、身に付くのか?       

         原点は!
 

について、講演をしましたが、

何処まで受け止めて貰えたかが心配です。

 

講演後、

あの時このように例えたらもっと分かって貰えたかな?等、

反省点が一杯出てきました。

 

何時も、TKNの受講生を相手に講座をしますので、

ある程度理解が進んでいる前提で話を進めていいますので、

今回は「イジメ」に絞り込んで話をする事は難しかったです。
 

 

今週末には

 

「淡路小学校、淡路西小学校、淡路中学校」三校合同の講演会に行きます。

 

今回の経験を生かし、より良いモノにしようと思っています。

 

DSC_0357-01.jpg

コメントは受け付けていません。