所長のカウンセリングアドバイス:子供を変える?親が変わる!

yokoitomizou 2016年4月19日 by yokoitomizou

我が子を

いい子にしたい

幸せにしたい

立派にしたい・・・等々と

子供を親心で一杯で育てます。

そして、自分のようになって欲しくない思いから、

子供を変えようとします。

誰の為に?

 

子供を変えようと一生懸命に頑張られている、親御さんは一杯居られます。

時には、必死になって子供に教育をしたり、躾けをます。

子供の悪い処を直す為に、涙ぐましい努力をする方も居られます。

子供の幸せの為に。

でも、なかなか思う様にいきませんよね。

それもその筈、子供を変えようとしているからです。

子供を変えようとしても無駄です。

親が変わらない限りは!

 

「同一視」

子供は、親の行動、考え方、喋り方、生き方、価値観などを

お手本としてコピーし、自分の中の取り入れます。

一旦、親を真似て、自分の中にに取り込みます。

親が行う事は総てが良い事であり、悪い事では無いのです。

そして、そこから「自我≒自分」を創り上げていきます。

良きにつれ、悪気につれ、親をコピーします。

 

親が約束を破れば、子供も約束を破ります。

親が寝坊をすれば、子供も寝坊をします。

親が散らかせば、子供も散らかします。

当たりまですよね。

その子供に、

約束を守れ、

寝坊をするな、

散らかすな!と、言っても

子供は自分の行動を変えるでしょうか?無理ですよね。

親がか変わって、お手本を見せないと子供は変わりません。

親が約束を守り、寝坊をせず、片づけをすれば、

子供は、自然と変わっていくのです。

 

但し、ここで勘違いをしないでくださいよ。

子供の為に、親が変わるのではありませんよ。

「貴方の為に、私は嫌々だけど変わったのよ!」と言う、

メッセージが子供に刷り込まれます。

「親は私の為に、嫌なのに無理やり変えたのだ」と、

メッセージが入ってきます。

子供にとって、大きな負担が心に入ります。

子供の姿、行動を観て「嫌」と持ったという事は、

親が「嫌」と思っている、自分の行動を

子供が行なっているので「嫌」の感情が産まれてきています。

親自身の行動が「嫌」なのです。

自分の仕草が「嫌、ダメ」なのだから、修正する。

これが大切です。

親は「自分の問題点がトラブルを起こすので、

自分の為に問題点を改善する」と、

言う気持が大切です。

このメッセージが子供にも伝わり

子供自身が、「自分の為に変わる」見本にもなります。

 

子供を変えるたまには

先ず、親が自分の為に変わる。

その、お手本になる。

 

桜-01

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催!

 

コメントは受け付けていません。