無意識の無能力

cocorotkn 2013年2月5日 by cocorotkn

今、読んでいる本で

「答えはすでにあなたの心の中にある」中に、面白い処が有ります。
 

 

「無意識の無能力」

「意識的無能力」

「意識的能力」

「無意識の能力」です。

 

丁度、

これは悩みから自立に向かうプロセスにも似ています。
 

 

「無意識の無能力」:

自分が何故に悩んでいるか分からない段階!

 

自転車に例えると、

自転車に乗れない人は、

何故乗れないかと、分かろうとしない。

 

悩みも何故悩んでいるのか、分かろうとしないのと同じです。

只、今苦しい事に苦しんでいるだけです。

 

そして「意識的無能力」の段階:

 

自転車に乗る為には、

バランス取り、

ハンドルをしっかり握り、

ペダルをしっかり漕がなければ、

乗れない事に気づく。

「自覚」する事になります。

 

悩みも、何に対して悩んでいて、

その問題点は何かに気づきます。

問題点をクリアに出来ないが、

問題点が有る事に「自覚」する事です。

 

次が「意識的能力」:

 

自転車に乗れない問題点に気づき、

努力により乗れるようになっても、

バランスの取り方など、

かなり「意識」しなければ乗れない段階。

 

悩みでは、

問題点に気づき、

意識的に行動を起こさない限り、

改善できません。

しかしがら、今までの経験から直ぐに元の状況に戻されそうになるので、

「かなり意識」的に行動を起こして、

習慣付けが必要です。

 

そして最後の「無意識の能力」

 

この時点では、

自転車を乗っている時は、

もう何も考えずにバランスを取り、

片手を離しても、

自転車を自由に乗りこなしています。

 

悩み対しても、

例え悩む事が有っても、

捉われる事無く

自分らしく生きている段階です。

 

正しく「今を生きている」状態です。
 

 

自転車は誰も始めは乗れません。

そこで諦めれば一生乗る事が出来ません。

何故乗れないのか、

問題点が見つかっても、

方法が分からなければ、

失敗の繰り返しです。

 

問題点を見つけ(気づき)

問題点を改善する方法を習得すれば、

自転車には乗れます(解放)。

そして練習を重ねれば、

何も考えずに自由に

自転車を乗りこなす事が出来ます。

長い期間乗っていなくても、

身体(心)が覚えているので、

直ぐに乗れるようになります。

時に悩んでも、

悩みに対する「耐性」が出来ていますので、

自分を取り戻す事が出来ます。
 

 

只、悩んでいるだけでは、

何も変わりません。

 

先ずは、「気づく」事から初めてみませんか?

 

「悩み」は、そのヒントを教えてくれていますから!

コメントは受け付けていません。