外事警察

cocorotkn 2013年4月30日 by cocorotkn

久しぶりにDVDレンタルをしました。

 

借りたDVDは

「外事警察:その男に騙されるな」です。

 

以前にNHKでドラマとして放送されていました。

渡辺篤朗さん主演のドラマで、とても興味があり観て居ました。

 

国内で国際事件を未然に食い止めて行くあらすじですが、

その時の心理戦がとても絶妙でした。
 

 

如何に相手の心を巧みに利用するか!

 

相手の「こころの弱み」を見極め、

其処を衝き、

巧みに操り、

「スパイ」にさす。

見事な心理戦です!

 

観て居ても、何が真実なのか?

嘘なのか?

分からなくなります。

 

操り方を観て、

カラクリを読みながら映画を観て行くのですが、

予想外の展開になり、

引き込まれていきます。

 

仕事柄、

相手のこころを聴き、

叫びを聴く事を心掛けていますが、

この映画は見事に期待、

予想を裏切ってくれました。

見事に騙されました。

 

映画のキャッチコピー「全ては操られる。真実か嘘か」。

其の通りにハマりました。

ラストシーンまで!

 

読み過ぎて空回りしてしまったり、

逆に読みが浅かったり!

読んだつもりが、

寸前にまだその奥の読みだ!

と気づかされたり。

 

普段から、TVドラマや、映画、小説等を観てい居る時も、

その主人公などの育った環境、

生い立ち、

心理を読む習慣が付いていますので、

どうしても読んでしまいます。

 

ごく普通に観て、

楽しめば良いのに!

職業病ですね!
 

 

この映画で特に印象に残っているセリフがあります。

 

「人間を突き動かす、もっとも強い感情は“怒り”だ」

 

まさに、その通りでしょうね。

人は、出来事に関して見捨てられる「恐れ」を感じ、

その事を受け入れて貰えなかった「怒り」を爆発します。

 

「5Rhythms」ダンスに於ける、テーマの流れに似ています。

この怒りが、恐怖の壁を打ち破る力にもなります。
 

 

この映画は、いろいろな事を考え、教えてくれました。

 

 

 パンジー.jpeg

コメントは受け付けていません。