所長のカウンセリングアドバイス:対人関係・腹八分目

yokoitomizou 2016年10月25日 by yokoitomizou

 

人付き合いで問題が起きると、

関係改善をせずに、

その関係を「切ってしまう」という話を、ちょこちょこ聴きます。

今起きている嫌な関係性を終わらせるために、

切ってリセットして、楽になる。

新たな処で、対人関係を築く。

また、悪化したら切る。の繰り返しの様です。

「腹八分目」の捉え方と同じです。

「満腹は苦しいから、腹八分目にすれば楽になる」です。

でも、直ぐに八分目が、普通になり満腹になります。

また、八分目。

結果、どんどん胃袋が小さくなります。

対人関係も同じです。

「関係性が辛いから、切る」を繰り返せば

どんどん、自分の人間関係の幅が小さくなります。

やがて、自分の周りから人が消えていきます。

 

対人関係は何時の世も問題ですね。

相性というのか、何でしょうね?

常に、相手の人から

好かれたい、

嫌われたくない、

良い人で在りたい、との思いは強いものです。

だからこそ、トラブルも起きます。

「嫌われたくない病」は、やっかいです。

総ての人に好かれようとせずに、

Aさんは80%で付き合おう

Bさんは50%で付き合おう

Cさんは30%で付き合おう、

という風すれば、対人関係も上手くいきそうな気がします。

 

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

コメントは受け付けていません。