所長のカウンセリングアドバイス:残された時間

yokoitomizou 2016年11月8日 by yokoitomizou

去る11月3日で私も「62歳」になりました。

そして、TKN心理サロンも創立21周年を迎えました。

Wのお祝の日でした。

ここ迄、続けて来られたのも皆様のお力添えが有ればこその事です。

感謝を致します。

 

62歳という年齢を迎えて、色々考えます。

残された時間。

後どれ位でしょうか?

20年在るかな?

まぁ10~15年でしょうね。

ならば、遣りたい事をしておかないと「悔い」が残ります。

ただ今までの様に、健康でエネルギッシュとはいけません。

思うように事が運ばないのが現実です。

今ある環境の中で、如何に進めるかを考えなければなりません。

若い時の様に物事は進みません。

身体は当然「ガタ」が来ています。

健康な身体を望んでも、無茶な話です。

何処か問題点があります。

でも、その「ガタ」のきている身体と、

如何に付き合って行くかが大事です。

若い人ならば、「完治」を目指すのは、大切だと思います。

私ぐらいの年になれば

病気になっても、完治を目指すのではなく

その病気を持ったまま、

上手く付き合って、生きるか?

此れが大切と思います。

たとえ「癌」になっても、

完治を目指して、手術をするのではなく

「癌の身体」と上手く付きあっていく。

これを目指したいと思います。

まぁ、今がまだ元気で生きているからこそ、言える事かも知れません。

万が一、病気になったら、こんな事は言えないかも知れませんね。

私も、普通の人間ですので。

 

「癌」の処を「悩み」に置き換えてみたら如何でしょうか?

悩み対し、「0」を目指して完全に解消するばかりでなく

「悩みと上手く付きあっていく」も、一つの生き方ですよね。

「今を自分らしく、如何に生きる」

テーマです。

img_3398

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

コメントは受け付けていません。