所長のカウンセリングアドバイス:心のの思春期②

yokoitomizou 2016年11月15日 by yokoitomizou

「思春期病」

心理学:カウンセリングの世界では「思春期病」があります。

イジメ

登校拒否

摂食障害(過食・拒食症)

援助交際

引きこもり…..等々

 

通常の発達ならば「反抗期」

子供の心から、大人の心に発達する時に必要な通過儀礼です。

でも、心の居場所が無ければこころのバランスを崩します。

バランスを崩した心のエネルギーが、

外に向けば、イジメ等の犯罪へ。

内に向けば、摂食障害や引きこもりへ。

子供達が苦しみます。

 

「心の居場所」として家族、家庭がしっかりできていれば

子供達は、家族の中で親に向かってエネルギーを吐き出します。

受け止められている、安心感から親にぶつけます。

此れが「反抗期」です。

「社会の居場所」として学校です。

社会に出て行くのは、不安で怖いものです。

未知成る世界だからです。

学校という空間。

生徒の為に真剣に向き合ってくれる先生たちに、

守られ、受け止められているので、

安心して、外の社会に冒険の旅に旅立てます。

 

しかし、今はこの安心の空間である

「二つの心の居場所」が弱まっています。

今私達、「親」が試されているのかもしれません。

「しっかり受け止めてくれ」と子供達が叫んでいる声が聴こえます。

「反抗期」をしっかり迎えられるように

親が頑張るしかないですよね!

 

%e9%a2%a8%e6%83%85%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%b4%85%e8%91%892

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

コメントは受け付けていません。