所長のカウンセリングアドバイス:うれしい便り

yokoitomizou 2016年12月27日 by yokoitomizou

今年の最後に、うれしい便りが届きました。

カウンセリングを受けられている方からのメールです。

この方は、カウンセリングの度にいつも泣かれていました。

自分に自信がなく、

常にネガティブな考え方です。

苦労に苦労を重ねてきたお陰で、

物事を、楽観的に捉えられなくなっています。

常に悪いように考え、最悪に備えようとしています。

旦那さんからも「ダメ出し」ばかりを受けていて、

自己否定ばかりでした。

苦労性でした。

 

ご夫婦のカウンセリングを行っていました。

三回目のカウンセリングの時には、

奥さんだけが来られました。

このセッションで、一気に変化が起きました。

心の中の叫びを聴きながら、

自己否定の部分を受け止めました。

自分自身の事を肯定的に捉えるために

自分自身のことを、少しずつ好きになりましょ!

「笑顔」が変わりました。

笑顔が笑顔を創り出しました。

今までに見たことがない素敵な「笑顔」を湧き出しました。

後日メールが来ました。

「先生の話を実践しました。気持ちが変わりました。

今までの自分をわかりたい。

物事を悪く考える原因を知りたい。

主人、子供の安らぎ、役立つなりたい、

自分らしくなりたいの気持が一杯です。

怖い気持ちが消えないので、どうしたらよいか知りたい。

そのための勉強をしたい。」と、書かれたいました。

 

この方には、「カウンセリングの勉強」の話は一切していません。

自らが変わりたい気持ちが、自分で方向性を見いだしたのです。

もうこの方は、自立の道を歩み始められました。

素晴らしいことです。

もうこの方に、カウンセリングは必要ありません。

私たちは、クライエントが自分で歩き出す、

お手伝いをさせて貰っているだけです。

 

今年の終わりに、素敵なプレゼントを頂きました。

クリスマスプレゼントと、お年玉を一緒に貰えた気持ちです。

新しい年を、清々しい気持ちで迎えられます。

有り難うございました。

%e6%89%8b%e3%81%ae%e5%b9%b3%e3%81%ab%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%92%e8%bc%89%e3%81%9b%e3%82%8b3

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

 

コメントは受け付けていません。