所長のカウンセリングアドバイス:イタいのイタいの飛んでけ~!

yokoitomizou 2017年1月17日 by yokoitomizou

「痛いの痛いの飛んでけ」

覚えていますか。皆さん。

そして、本当に痛みが飛んで行ったことを!

これは全世界共通の様ですね。

 

幼い頃、転んで泣いているとき

お母さんが

ひざ小僧を優しく撫でながら

「イタいのイタいの飛んでけ~!」と言えば、

痛みが消えていきました。

本当はまだまだ痛いんですがね。

 

娘にもありました。

家具の角で頭を思いっきりブツケ「ゴン」と大きな音が鳴りました。

瞬間、私たちは知らない顔をしました。

知らない顔をすればそのまま収まる事があるからです。

騒げば却って、子供は不安になり泣きじゃくります。

でもこの時はダメでした。泣きじゃくりました。

直ぐに飛んで娘の傍に行き、

「イタいのイタいの取った!」と、

痛い部分を取り去る仕草をしました。

娘は泣きながらも、笑顔が出てきました。

「この痛いのどうする?」と聞くと、

「食べる」との返事。

娘の口に持って行き食べさせると、

頭を押さえて「痛い痛い」と、泣く振りをします。

再び「イタいのイタいの取った!」とすれば、

笑顔に戻ります。

この繰り返しです。

 

お母さんが「この痛いのをとってくれるのだ」という

安心感が痛みを和らげるのです。

「スキンシップ、思いやり、ぬくもり」のなせる技です。

本当に痛みが和らぐのです。

 

昔から「手当て」という言葉があります。

原点の治療行為です。

痛いところに手を添え優しく撫でると、

痛みが落ち着きます。今でも。

それは、幼いときに親御さんから受けた行為(好意)が、

痛みを和らげるのです。

「何か困ったときは必ず親は

私のことを守ってくれる。」という、安心感が!

幼いときにスキンシップを充分に貰っているかによって、

痛みに対する「耐性」が変わります。

泣いている子を「ムギュウ!」を抱きしめるだけで、

子供は安心感から泣き止みます。

今日は、お子さんを「ムギュウ!」っと抱きしめてみませんか。

年齢は関係ありません。

旦那さん、奥さんに対してもです。

 

市川海老蔵さんとお子さんは、

お母さん「小林麻央」さんに

「イタいのイタいの飛んでけ~!」って、擦っているのでしょうね!

痛みが消えますように!

 

ランタンとスノードーム1

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

コメントは受け付けていません。