所長のカウンセリングアドバイス:ダブルバインド・顔色を見る

yokoitomizou 2017年1月31日 by yokoitomizou

何処か「顔色を見る癖」がありませんか?

私にもあります。

なかなか治らないものですよね。

幼い頃からついた癖ですからね

自分の意志、判断より

相手の反応を見て、判断します。

嫌われたくないからですかね

いい子ちゃんをしたいんですよね。

 

「ダブルバインド:別名、2重メッセージ」

こいつがなせる技でもあります。

「表の声と裏の声」

メッセージを受けた方は、真意を測りかねます。

どちらも正しく、求めている声に聞こえるからです。

本音と建前が同時に発せられます。

真意はだいたい「裏」にあります。

言葉で発している通りに行動すれば、

「気がつかんなぁ!空気を読め」って怒られます。

裏を読んで行動を起こすと

「そんなことを言ってないでしょ。

言われたことをしなさい」って怒られます。

もうどっちが正しいのか分かりません。

八方塞がりになり、

相手の顔色を見て

「どっちがお望みなのですか?」と、

ビクビクしています。

怒られるのが怖いので。

ダブルバインドをやられ続けると

そら、神経質になりますよね

 

幼いときから仕掛けられています。

親からは好かれたい、嫌われたくないとの思いから、

親が喜ぶ反応しようと

「顔色」を見る癖が出来ます。

大人になってからも、この癖は抜けません。

会社で、友人間で、家族間で、恋人に対しても

顔色を見ながら、生活をしています。

疲れます。

苦しいです。

自分の意志がなくなります。

感情が出せなくなります。

笑顔まで、相手の顔色を見ながらでないと出せません。

私の幼い頃の姿です。

 

ダブルバインドの呪縛から解放しませんか!

自分の気持ちに正直になり、

意見を言い、

行動を起こしましょう。

自己責任を取って。

過去の亡霊を振り払って。

 

カウンセリングにおいては

「治療的ダブルバインド」として、使う場合があります。

 

南天

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。