心理カウンセラースタッフ日記:心理学とカウンセリングの勉強の違い

masuimasayo 2017年1月24日 by masuimasayo

TKNには、学生の時に心理学を学びたかったけど、その時に学べなかったから

今、勉強したいと来られるかたがいます。

私もその一人でした。社会人になって3年目に習いに来ました。

 

そして、大学で心理学を学んでいて、もう一度学び直したいという方も来られます。

すごいなー、と思います。

 

よく考えてみたら、私も数年前、英会話を習いに行きました。

中学、高校と英語を学校で学んでいるのに、やっぱり実際に英語をしゃべるときにどうしゃべっていいか、分かりません。

TKNでの海外研修や、ワークショップリーダーと接する機会がありますが、

「YES」「NO」の単語は言えても、普通の会話で活かす言葉が出ません。

英会話スクールでは、初めにほんとに私が話すであろう言葉を、シミュレーションでたくさん教えてもらいました。

それが身に付いたくらいに、難しい単語を自分で調べていって、知識を増やしていくという流れでした。

実際の言葉を学ぶので、活かせる会話ができてきました。

駅で外国の方に英語で教えたり出来たときは、やった!と思いました。

 

この違いが、学校とスクールで学んだ違

いなのかな、と思います。

知識、実践力、どちらも大切で必要です。

知識を先に学ぶことが多いですが、それだけで終わってしまうのはもったいないですね。

 

今スクールで、カウンセリングの実戦力を生徒さんが頑張って学んでおられます。

活きた心理を身に付けて、実際の人に関われるカウンセラーになりたいですね

 

 

コメントは受け付けていません。