所長のカウンセリングアドバイス:最初の第一歩

yokoitomizou 2017年5月30日 by yokoitomizou

「カウンセリングを受けても何も変わらない」と、

言われることがあります。

「カウンセリングを受けると治る」はありません。

こんな事を書けば身も蓋もないですよね。

カウンセリングを受ける意味がない事になります。

真実は

「カウンセリングを受ける事により治る」のではなく、

「カウンセリングを受けることにより、

悩みの問題点に気づき、

改善する行動を起こす」から、治るのです。

アクションを起こさない限り、何も変わりません。

物事を「ネガティブ」に捉える癖がある人が

カウンセリングにより

「ポジティブ」に物事を捉えましょ!と気づいても、

実際にアクションを起こさない限り、

何も変わりません。

又、無理矢理

「ネガティブ」を「ポジティブ」に切り替えても

しんどくて、直ぐに挫折します。

先ず、

「ネガティブに考えている自分に気づく」

次に

「ネガティブに考えている事を否定しない」

否定すれば、却って落ち込みます。

「今、ネガティブな自分を認める」

「ネガティブになったわ!」と受け止める。

「アホらしい」と思う。

「ポジティブに言い換えてみる」

この様に、少しずつ

物事の考え方、捉え方を変えてく

アクションを起こすことにより

少しずつ、変わっていきます。

 

つまり、カウンセリングが悩みを無くすわけではありません。

カウンセリングを受けたクライエントが

アクションを起こし、

自分で治すのです。

そんな特効薬があれば、私が欲しいです。

クライエントに売りますよ。儲かるでしょうね!

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

コメントは受け付けていません。