所長のカウンセリングアドバイス:推理小説

yokoitomizou 2017年12月19日 by yokoitomizou

カウンセリングは推理小説に似ています。

まぁ、言葉に語弊があるかおしれませんが

カウンセリング練習には、もってこいです。

推理小説は読みながら

ミステリーの謎を解き

犯人を捜していきます。

色々な想像をして

トリックを見破るために

推理を巡らします。

時には、トリックに引っかかり

迷宮に入ります。

あらゆる可能性から、

ヒントを見つけ

キーワードを探し出します。

やがて、謎を解き

犯人を発見します。

カウンセリングも似たところがあります。

クライエントから悩みを聴き

悩みの謎解きに挑みます。

クライエントの話の中にヒントが隠されています。

何気ない一言に、重要なキーワードが隠されています。

このキーワードに気づかないと

悩みの迷宮に迷い込んで

クライエントの心にある

本当の「こころの叫び」が聴こえなくなります。

悩みの中にあるカラクリの謎を如何に解くか!

 

何処か、推理小説の謎解きに似ていませんか?

私は、本を読んだり

ドラマを観たり

映画を観たり

ニュースを観ながら

いつの間にやら、

謎を解いたり

登場人物の背景や生い立ちを

自然と読んでいることがよくあります。

いつの間にやら

カウンセリング・トレーニングをしています。

素直に、本を読んだり、ドラマ・映画等を楽しんだらいいのにね!

職業病ですかね?

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

コメントは受け付けていません。