所長のカウンセリングアドバイス:木を見て森を見ず

yokoitomizou 2018年6月25日 by yokoitomizou

「木を見て森を見ず」

ひとつのことに囚われてしまって

全体が見えなくなっている状況です。

カウンセリングにも言えます。

クライエントの話に対し

「全体の話を聴きながらポイントを聴いてください!」

と伝えています。

どうしても、今おきてる問題点「悩み」に囚われがちで

悩みに聴き入っています。

大事なことではありますが、「落とし穴」にはまりがちです。

今、喋っていることは「悩みの花」です。

いくら花をしっかり見ても

その奥にある「根っこ」のありかを見つけることは出来ません。

花に見とれているから、根っこのありかが見えないのです。

結果、クライエントに振り回されてカウンセリングが堂々巡りします。

クライエント日が近づきすぎてしまい

クライエントとに飲み込まれて吸収されている状態です。

クライエントの話の全体を聴きながら

言葉のイントネーション

ボディーランゲージ

繰り返される言葉

特に強調される言語などに注意を払いながら

悩みの本質を見つけていきます。

人間は囚われの動物です。

一度気になると、そこから逃れられなくなります。

カウンセラーは常に

ニュートラルのポジションで

全体を見ながら、悩みのポイントを探ります。

「木を見て森を見ず」

俯瞰の立場でクライエントの話を聴き

ポイントを見つける!

カウンセリングの必須です。

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

コメントは受け付けていません。