2018-エサレン研修レポート⑦

yokoitomizou 2018年6月9日 by yokoitomizou

エサレン最終日
いよいよこの日が来ました
果たして、研修の成果が出たのでしょうか?
でも生徒達の様子を見ていると
自身を持って言えます。
自分自身をあるがまま受け入れる事とを
スタートさせた。
時間は掛かりますが、一歩ずつ歩み出した事を。
アート曼荼羅は心の中を描きます。
無意意識で表現します。
表現した自分自身を肯定も否定もされずに
受け入れられた実感が、
更なる成長に自信が持てます。
ワークショップリーダーのポールは
素晴らしです。
生徒が描いたアート曼荼羅を決して否定はしません。
描いたアート曼荼羅を認め、否定もしません。
それが今のどの人だからです。
おかげで、安心してアドバイスに耳を傾けて
自分自身のイメージで描きます。
結果、生徒自身の今を表現し
新たな自分を描きます。
ポールは久し振りにに出会えた
心の熱く、真剣に向き合ってもらえた
素晴らしいワークショップリーダーでした。
そして、通訳をお願いした明子さんには
感謝しかありません。
言葉の壁があるのに、見事に繋いでくれました
旦那さんに
迷惑を掛けましたが、大変助かりました。
皆んなの心の中埋まった
「エサレンの種」がやがて、目が吹き華が咲き
実がなることえお信じています。
今回も大正解のエサレン研修でした。

 

 

コメントは受け付けていません。