所長のカウンセリングアドバイス:親離れ

yokoitomizou 2018年10月29日 by yokoitomizou

「親離れ」は永遠のテーマです!

親と子の絆は、強く固く結ばれています。

それ故に、親離れは難しいものです。

でも、親離れをしない限り「自律」はありません。

特に「愛情欠乏症」の人には!

「親に愛して欲しかった」との思いが強く

「親から離れれば、もう二度と貰えない」と

心の片隅に持っています。

親離れに対して「恐怖」を感じています。

「愛愛して欲しい。でも、愛して貰えない」に苦しんでいます。

この思いを、親が気づいてくれれば解消されますが

気づいていないのが現状です。

気づいてくれないのならば、訴えるしか方法はありません。

心の思いを!

訴えた結果、親が変わってくれれば幸せです。

でも、変わってくれないのならば

親に求めずに、親離れをする事を薦めます。

カウンセリングは別名「親殺し」と言われることがあります。

「親から心の自律」を目指すためです。

しかし、親と縁を切るわけではありません。

「親は親。私は私の人生を生きる」というポジションです。

親に期待が出来ないならば

自分で創り上げる事を目指しましょ!

信頼できるパートナーを創りましょ。

自分らしく生きるために。

それでも、親への思いは残るものです。

それが、人間です。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

コメントは受け付けていません。