所長のカウンセリングアドバイス:痛いの痛いの飛んでけ!

yokoitomizou 2019年2月18日 by yokoitomizou

「痛いの痛いの飛んでけ!」世界共通言語です。

この言葉に聞き覚えがありませんか?

幼い時にいっぱい聴いたかと思います。

頭をテーブルにぶつけたとき

転んで、愛から血が出ているとき

親御さんが

「痛いの痛いの飛んでけ!」と言いながら

頭を打って「たんこぶ」が出来たところや

怪我をしたところを「さすって」くれた事を覚えていますか?

不思議と、痛みが消えていきます。

現実的には「たんこぶ」はへこんでないし

傷も治ってないのですよ。

これは、スキンシップによる安心感から生まれる心理状態です。

転んで痛い!

でも、親が撫でてくれて治してくれる。

痛みを取ってくれると言う、安心感から痛みが治るのです。

私の子供が幼いとき、

振り向きざまにテーブルの角で頭をぶつけました。

「ゴン」と大きな音が鳴りました。と同時に大泣きです。

この時に、たんこぶを撫でながら「痛いの痛いの取った」と言いい

手で痛みを取ったポーズをしました。

子供は泣き止み、笑顔が戻りました、そして

「この痛いの取ったのをどうしようか?」と、聴くと

「食べる」と言い、私の手から食べた真似をしました。

そのとたん「痛い痛い」です。

又、「痛いの痛いの取った」とやれば、ニッコと(^0^)い

「食べる」と言って、又痛がります。

もうゲームです。

子供は笑顔です。

たんこぶはひいていませんよ。まだ痛い筈です。

皆さんも今でもしていませんか?

何処かぶつけたとき、患部を手でこすっていませんか?

「痛いの痛いの飛んでけ!」です。

これが本当の「手当」です。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

コメントは受け付けていません。