所長のカウンセリングアドバイス:パーソンセンタード☆自己一致

yokoitomizou 2019年4月8日 by yokoitomizou

「パーソンセンタード=自己一致」

これは、カウンセラーとして必須です。

カウンセラーはカウンセリングの最中

クライエントの世界に共に居ます。

クライエントと共に感じます。

クライエントとカウンセラーの心がリンクします。

受容と共感でカウンセリングを行ないます。

しかし、カウンセリングが済めば

元の自分の世界に戻らなければなりません。

クライエントの世界に取り残され

カウンセラー自身がクライエントの世界で

苦し苦しむことになります。

日常生活で、クライエントの問題を

引きずって生きることになります。

その為には、

しっかりと「パーソンセンタード=自己一致」できていなければなりません。

「カウンセラーは必ず自分自身の教育分析:カウンセリングを受ける事」が必須です。

良い処も悪い処も含めて「あるがままの私」である事。

クライエントに引きずり回されないようにするためにも

「パーソンセンタード=自己一致」です。

日常生活のも大切なことです。

私達は、色々な役割を演じます。

職場での顔

学校での顔

恋人に対する顔

家族の中の顔

友人との顔・・・等々。色々な役割を演じます。

生きていくため、対人関係の中では必要なことです。

でも役割が終われば、

自分自身に戻れば良いのです。

それを、職場、学校、友人、恋人、家族を引きずっているから

悩みが何時までも続くのです。

自分自身が分かっていれば、

何も対人関係で脅える必要はありません。

いつでも、自分自身に戻れます。

これが、日常生活に於ける分かりやすい

「パーソンセンタード=自己一致」です。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

コメントは受け付けていません。