所長のカウンセリングアドバイス:実家それとも里?

yokoitomizou 2019年7月15日 by yokoitomizou

実家とは、大辞林では「自分が産まれた家」になっています。

又、父母の家ともなっています。

独身の間はひとり暮らしをしていても

生まれ育った家に対し

「実家に帰る」は良いでしょうが、

自分の家族を持っていて

「実家に帰る」と言うことに何時も疑問を感じます。

それならば、

結婚をして子供が産れ家族を持ち

今住んでいる処は何でしょうね?

今、家族と共に生活をしている処こそ

今の「実家」ではないでしょうか!

私が居て、女房が居て、子供達が居る。

家族が成長する居場所。

結婚をし夫と妻になり

やがて子供が出来

父親と母親似なる。

家族と共に喜び、悲しみ、時には怒り、不安、苦しみを

味わいながらも共に助け合い、

成長刷する家族の居場所

それが今の「実家」と私は思います。

自分が生まれ育った家族の場所は「過去の実家」

親が創った「親の実家」です。

私は「里=親の実家」と思って居ます。

未だに実家に帰ると言うことは

「心の親離れ」が出来ていない証しです!

一番大切で、大事にしなければならない処は

今、家族が一緒に暮らしている居場所が

本当の実家「今の実家」です。

私の女房の家に行ったときは

女房の親御さんは、私達家族に対して

「いらっしゃい」と言ってくれます。

帰るときは「又、来てね」と言ってくれます。

私は自然で好きです。

今の実家を大切にしましょう!!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

コメントは受け付けていません。