所長のカウンセリングアドバイス:SNS・顔の見えないコミュニケーション

yokoitomizou 2019年12月9日 by yokoitomizou

昨今、SNSが犯罪に利用されて問題になっていますね。

新しいコミュニケーション・ツールとして

日常生活に欠かせないものになりました。

時代ですね。

顔の見えないコミュニケーション

私達の時代は

謝罪や重要な事を伝えるときには

直接相手会いに行き

顔を合わせ、伝えない限り

相手にして貰えませんでした。

失礼な行為として、社会人失格、人間失格とされていました。

どんなに、嫌なことでも。

コミュニケーション・ツールとして初めは

言葉によるコミュニケーションです。

お互いが顔を合わせ、

会話をして相手に思いを伝えていました。

その後、文字が生まれ

手紙によるコミュニケーションが生れ

やがて、電話による言葉だけのコミュニケーションになり

パソコンや携帯が生まれ「メール」によるコミュニケーションに代り

今は、SNSによるコミュニケーションに進化しました。

仕事や重要な事を伝えるには

対面によるコミュニケーションが正式な対応で

手紙によるコミュニケーションは失礼と言われていました。

取り敢えず、手紙で意思を伝えても

必ず、直接会いに行き気持を伝え無ければ

失礼の行為をしたことになる時代でした。

特に、謝罪をしなければならないときには!

その内、

手紙でもOKになり

その後は電話でも許されて

今は、電話迄は直接相手に向かわなければならないので

メールならば、双方とも都合の良い時間に確認が取れるので

メールの方が手軽だと言うことになり

やがて、SNSで用事を済まそうとする時代になりつつあります。

顔が見えないコミュニケーションの時代になりました。

コミュニケーションは簡略化されましたね。

今の子供達は、この環境の中で生活しています。

SNSによるコミュニケーションが普通なのです。

対面、手紙、電話による

コミュニケーションが必要でない時代に育ったのです。

極端に言えば、

SNSによるコミュニケーションしか知らない、出来ない世代なのです。

こんな環境ですから

犯罪に巻き込まれても当然の結果とも言えます。

日常生活の中で普通のコミュニケーション手段ですから

何が問題なのか、何処が危険なのか実感出来ないのが現実だと思います。

幾ら、子供達に危険性を伝えても、

被害を受けない限り、怖さは分かりません。

大人達を信じて犯罪に巻き込まれ

被害を受ける子供達が問題ではなく

大人が問題なのです。

子供達に規制を掛けるも必要ですが

大人達に規制、罰則を掛ける必要があります。

大人達が問題なのです。

だって、私達大人がコミュニケーションルールを変えたのですから。

顔の見えないコミュニケーションは恐いです。

便利になった分だけ、問題も一杯生まれますね。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

コメントは受け付けていません。