腰が痛い:ゲシュタルト

cocorotkn 2007年2月27日 by cocorotkn

私達は、素直に自分の気持ちを表現するのが、かなり下手です。

それもそのはずで、

今の気持ちを正直に聴くことを忘れてしまっています。

そして、その表現方法も。

 

自分の事なのに、まるで他人のことの如く聞いているようです。

 

今回のタイトル「腰が痛い」です。

普段私達は腰が痛いとき、このように表現します。

果たしてこの表現は正しいのでしょうか?
正しくは「腰を痛めて、私が痛い。」です。

腰が痛いのではなく、痛いのは私なのです。

 

 

この様に自分の今、置かれている状況を素直に表現する事を忘れています。

今私は何を感じているのか、

どうなっているのか、

その事を表現する事が大切です。

 

「腰をひねったから、筋肉に緊張が起きて私が痛い。」

原因がありその結果問題が起きた。

原因を治さない限り問題は解決しない。

当たり前の事です。

 

でも私達は、

原因の解決をせずに、

今痛い腰だけを治そうとします。

 

こんな事をしていると、

小手先の問題解決しかしていませんから、

何回も繰り返します。

 

腰を痛めた原因を見つけ、

問題点を解決し、

同じ事を起さないように、対策を打たなければなりません。

 

悩みも同じです。

 

 

表面に見えている悩みの問題を解決しても、

傷口にバンドエイドを張ったようなものです。

悩みを取る事だけに囚われずに、

なぜこの悩みが発生したのかに気づきましょう。

 

「今、ここに」何を感じたか、

何が起きたかを、正しく聴き、表現する事が大切です。

 

「腰が痛い」のではなく、

「腰をひねったから、筋肉に緊張が起きて、私の腰が痛い。」

と、気づき表現できるように。

コメントは受け付けていません。